訪問しない営業インサイドセールスで活用できるウェブ会議システムまとめ

遠隔地との会議だけでなく、IR活動や教育現場など、さまざまな場面で利用されているWeb会議システム。

その利用範囲はますます広がっていますが、最近は営業ツールとして活用しようとする動きがあることをご存じでしょうか。

一般的に営業マンの一日は、営業活動に伴う移動や出張、直行直帰などが多く発生します。その理由は、新規顧客、既存顧客問わず、密なコミュニケーションが必要不可欠だからです。

しかし、遠方の顧客にはなかなか訪問ができない、商談を効率化したい、社内にいる時間が少ないので社内ミーティングができないなど、そんな課題を解決するのが、Web会議システムです。

今回は、訪問しない営業インサイドセールスで活用できるウェブ会議システムについて解説します。

訪問しない営業インサイドセールスとは?

営業における従来のイメージは、顧客のもとを直接訪問し対面して商談をすすめる手法です。この手法はフィールドセールスと呼ばれ、各企業の営業マンがクロージングのために行う営業方法です。

一方で、顧客のもとを直接訪問しない営業方法が新たに頭角を現してきています。これがインサイドセールスです。

インサイドセールスは、見込み顧客(リード)に対して、電話やメール、WEB会議などを用いて顧客と非対面で行う営業活動です。

フィールセールスとインサイドセールスは営業手法としては異なりますが、商談成立までのフローで組み合わせて活用されたりもします。

フィールドセールス 顧客を直接訪問して商談をする営業
インサイドセールス メールや電話、WEB会議などで間接的にアプローチする営業

今回はこのインサイドセールスについて触れていきたいと思います。

インサイドセールスは、もともとアメリカで生まれた営業方法です。アメリカのように日本と違い国土面積が大きな国では、フィールドセールスをするには、リソースにも限界があります。

いまでは、アメリカ、ヨーロッパでは主流の営業方法となっており、導入率も年々増加しています。

インサイドセールスの詳細については、以下を参照下さい。

【営業マン必見】日本でも主流に!インサイドセールスとは?メリット・ポイントまとめ

営業でWeb会議システムを使うメリット

こうしたインサイドセールスのような営業シーンで役立つのが「Web会議システム」です。営業の現場では、特に「画面共有」の機能が活用できます。

画面共有機能は、Web会議に参加している全員が、パソコンの画面を共有する(同じ画面にする)ことを言います。これにより、ウェブ会議の参加者でプレゼン資料や提案書を見ながら提案できる、いわゆる現場に近い商談が可能です。

では具体的にWeb会議システムを使うメリットはどのようなことがあるのか一つずつみていきましょう。

対面商談に近い説得力

営業担当者が顧客とWeb会議システムを使って商談するとき、「画面共有機能」が効果的です。

営業担当者が画面上に両ページの表を載せ、マウスでポインターを動かしながら「こことここを比べていただければ、違いは一目瞭然です」とはっきりと説明することができます。

商談の場合、事前に資料をメールしても、人によってはその資料を見る時間がなかったり、開封するのに手間取ったりして「話についてこられない人」がでてきます。

しかし、「画面共有機能」があれば、会議の参加者全員に同じ資料を、その場で確実に見てもらうことができるので、共通の理解を持ちながら会議進行できるため、有意義なものになります。

また、会話だけでは伝えられない情報、そして事前にメールで送付しても伝えにくい複雑な内容を、パソコン画面で共有することでリアルタイムに示すことができる「画面共有機能」は、それこそ例えば自社商品や競合他社商品との比較画像を提示しながら、説得力をもって営業活動ができるでしょう。

顧客からの要望を的確に把握

「画面共有機能」は、顧客に対して説明する際に役立つだけではありません。

反対に顧客の要望や意図を、正しく詳細に把握するためにも効果的です。先ほどの例とは逆に、顧客からヒアリングのための資料が提示される場合を考えてみましょう。

事前にメールで送ってもらって説明してもらうよりも、その場でパソコン画面上で具体的なイメージを共有してもらうほうが、こちらも理解しやすいのは明らかです。

「自社から顧客」の売り込みだけでなく、「顧客から自社」の問題点や課題のヒアリングにも役立つ「Web会議システム」ですが、例えば、製品サポートやコンタクトセンターの現場で活用することで、顧客の課題解決に確実性が生まれ、顧客満足度も大いに高められます。

営業先で本社や専門職をつないで営業を支援

商談中、詳細な内容や専門的な分野に話が及んだ際に、技術的な部分など営業担当者だけでは対応できない場合があります。

従来であれば一度会社に持ち帰り、営業担当者が専門職スタッフに確認をとり、次回訪問時や電話・メールでフォローする、といった対応をすることが多かったと思います。しかしこれではタイムラグが生じてしまい、スマートな営業活動ではありません。

Web会議システムを利用していれば、商談の場で本社や専門職のスタッフにつなぎ、顧客の疑問や懸念点をその場で解決することが可能となります。

疑問が生じた場合にすぐに解決策が提示されることは、顧客の商品やサービスへの理解を深めてもらうことに繋がり、営業担当者にとっては営業の提案力、競争力アップにつながるといえるでしょう。

営業・商談で活用できるWeb会議システム

bellFace(ベルフェイス)

ベルフェイスは、業界シェアNo.1の営業などのビジネスシーンに特化したWeb会議システムです。担当者から電話で案内をうけた後、サイト上の「接続ナンバーを発行」ボタンをクリックし、4桁の番号を伝えるだけですぐにWeb会議を始めることができます。

https://bell-face.com/

Mee2box(ミーツボックス)

オンライン商談システムのMee2boxミーツボックスではインサイドセールスにより、訪問時間を短縮し、効率的な営業・商談を実現できます。営業プロセスを効率化することで、多くの案件を受注し、売上アップに繋がります。

https://mee2box.com/

FreshVoice(フレッシュボイス)

Web会議・テレビ会議をするなら「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。安心の無料トライアルでお試しください!9年連続でWeb会議システム市場シェアNo.1の実績。官公庁・国立大学を始め業界を問わず4000社以上に導入済みのWeb会議システムです。

https://www.freshvoice.net/

V-CUBE(ブイキューブ)

ブイキューブは、Web会議・テレビ会議(TV会議)のクラウド市場でシェアNo.1を達成!導入実績約5000社以上。日経BP社「クラウドランキング」のベストサービスに選出。

https://jp.vcube.com/

SOBA meeting(ソーバ・ミーティング)

SOBA Meetingミーティング)は、クラウド型完全無料のWeb会議システムです。メールアドレスを登録するだけ、アプリのインストール不要。すぐにオンライン会議室が使えます。

https://meeting.soba-project.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで営業といえば「自分の足で稼ぐ」という考え方が主流であったかと思います。

しかし、ビデオ会議システムをうまく活用できれば、時間や手間を節約し、これまで以上に効率的に営業活動を行うことができるでしょう。近い将来、営業のやり方はビデオ会議システムによって大きく変わることになるでしょう。