シリアルアントレプレナー(連続起業家)とは?意味や代表的な連続起業家まとめ

起業家を表す言葉でアントレプレナーという言葉があります。

それぞれの呼び方については、以下の記事を参照ください。

「起業家」「事業家」「経営者」の違いとは?違いを分かりやすく解説します

そのアントレプレナーの中で、続けて事業を立ち上げ活躍する「シリアルアントレプレナー」を聞いたことはありますか?

二度、三度と複数回の起業を成し遂げている「連続起業家(シリアルアントレプレナー)」ですが、スタートアップブームに沸く日本でもこのシリアルアントレプレナーは、一段と注目を集めています。

今回は、シリアルアントレプレナー(連続起業家)とは?意味や代表的な連続起業家について解説します。

シリアルアントレプレナーとは?

シリアルアントレプレナーとは、アントレプレナー(起業家)の中でも、連続して何度も新しい事業を立ち上げる起業家を指す言葉です。別名で、連続起業家とも呼ばれます。

シリアルとは英語で「連続した」という意味を持つ単語です。シリアルアントレプレナーはベンチャー企業を設立、発展させ、事業が軌道に乗ると売却するなどして経営から退き、また新たなベンチャー企業を立ち上げるということをくり返します。

多くの場合、シリアルアントレプレナーが最初の事業を興し、次の新しい事業を立ち上げる場合、最初の事業は失敗したケース、成功したケースの両方がありますが、起業して不成功に終わっても、その経験を糧として次の起業にトライする、あるいは、事業を軌道に乗せた後、他社にその事業を売却・譲渡したり、株式公開して創業者利益を得た上で自分はその事業から手を引き、別の新しい事業を立ち上げるといったことを繰り返すのがシリアルアントレプレナーです。

シリアルアントレプレナーとして有名な日本人としては、レンタルサーバーの「ロリポップ!」を提供するpaperboy&co.(現GMOペパボ)の創設者 家入一真氏です。家入氏は史上最年少でジャスダック上場を果たした後、同社の代表取締役を退任し、クラウドファンディング「CAMPFIRE」を立ち上げ代表取締役に就任しました。

また、誰でも簡単にオンラインストアを作れるサービスSTORES.jpをzozotownに売却、その後、目の前にある、あらゆるモノを瞬間的に現金化するアプリCASHをDMMに70億円で売却した、光本勇介氏も連続起業家の一人としても有名です。

このように、最近では、立ち上げたベンチャー企業が軌道に乗った段階で大手企業へ事業を売却し、その資金を基に新たな起業を試みるという流れが定着しています。

シリアルアントレプレナーの多くはビジネスアイディアが次々と浮かび「このビジネスを多くの人に伝えたい」と言う気持ちがモチベーションとなっているそうです。どちらかというと社会実験的に、ビジネスを立ち上げ、仮に一度立ちあげたビジネスが失敗に終わったとしてもまた次のビジネスを立ち上げる方向へと気持ちが向かい、起業へ向かって進みます。

また、最近では、シリアルアントレプレナーが自身の起業経験を活かし、スタートアップにエンジェル投資を行うといった流れで、新たなエコシステムも出来上がりつつあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本では、アメリカなどの海外と比べて起業家が出にくく、シリアルアントレプレナーも少ないといわれてきました。しかし、最近では、働き方もパラレルワークが当たり前と言われる中、連続的に起業と会社売却を経験するような新しい起業家としての価値観も定着しつつあります。

しかし、多くのことにチャレンジすることがシリアルアントレプレナーではなく、ビジネスアイディアだけでなく、実行力や人脈、経営手腕、そして強靭な精神力を伴っていることがシリアルアントレプレナーとして成功する条件でしょう。