MEO対策(Map Engine Optimization)?やり方・メリット・活用するツールまとめ

みなさんは、MEO対策実施していますか?

「MEO(Map Engine Optimization)」とは、日本語で「地図エンジン最適化」と呼び、あなたのサービスがGoogleマップ上で見つけやすい場所に表示されるようにおこなう施策のことです。

マップ検索エンジン内での上位表示を目指すことから、「ローカルSEO(Local SEO)」などとも呼ばれます。実店舗を持つビジネスでは、集客の面において非常に有効となる手法です。

今回は、MEO対策(Map Engine Optimization)?やり方・メリット・活用するツールについて解説します。

MEO(Map Engine Optimization)とは?

MEO(エムイーオー)とはMap Engine Optimization の略で「マップエンジンの最適化」の事を表します。

Googleマップには、店舗などの情報が「Googleマイビジネス」としてカテゴリー毎に整理され各種詳細情報や位置情報、写真などのコンテンツとともに登録されています。

この自社店舗情報にあたるGoogleマイビジネスのコンテンツを最適化することで、SEOと同様に、検索結果に表示される表示回数の増加と、クリック数を増やすためより上位に表示されるための対策の事として使われます。

また同意語としてローカルSEO(Local SEO)という言葉が使われています。

MEOをおこなう事でGoogle検索およびGoogleマップ利用者が、キーワードで検索した検索結果に対象のマイビジネスが上位表示され、Googleマイビジネスの内容を見て利用者の期待に添う内容であればそのままGoogleマップの経路案内などを利用して来店につなげる事が出来ます。

「東京 イタリアン」と検索したユーザーに対して、対象エリアの施設情報が検索結果のトップに一覧で表示されます。

表示項目は、下記の通りです。

地図紹介

施設名

住所

営業時間

公式ウェブサイト

ルート情報

MEOに必要なGoogleマイビジネスとは?

では、MEO対策として具体的にどのような事を実施すべきなのでしょうか。

まず、MEOのはじめの一歩は、Googleが提供している無料の集客ツール「Googleマイビジネス」に登録することです。

Googleマイビジネスとは、Google+とGoogleプレイスの統合によって完成したサービスのことです。Googleマイビジネスに対して、自社の店舗情報を入力すると、Googleの検索結果上にお店の名前や住所、地図情報を表示できます。

そのため、MEO対策に取り組みたい方は、Googleマイビジネスへの登録が必須となります。Gmail等の登録したメールアドレスとパスワードで「Googleマイビジネス」サイトにログインし、店舗情報を正確に表示するためにも、誤字に気をつけながら登録手続きを進めましょう。

ビジネス情報の登録画面より、必要事項を入力していきます。入力後にGoogleからの通知を受信する方法を電話か郵送のどちらかを選択します。

MEO対策の具体的な方法

では、検索結果の上位に位置するにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?

MEO対策では、ローカル検索結果を改善し、検索ユーザーの集客を目指します。ローカル検索とは、地域性のある検索キーワードに関連する対象店舗が検索結果上に表示される仕組みのことです。この仕組みによって表示されたものを「ローカル検索結果」といいます。

MEO対策を行うには、ローカル検索に対する順位を決めているのはGoogleのルールに注目します。

Googleはローカル検索の順位を決定する要因について以下の様に言及しているためそこにヒントがあります。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

 

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

 

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

 

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

 

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

 

Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

 

引用:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

上記から、MEO対策とは「ローカル検索に対するGoogleマイビジネス(ローカルリスティング)の関連性・距離・知名度 を高める対策」と言い換えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MEO対策をすれば、ローカル検索時に実店舗の情報が上位表示しやすくなります。そのMEOは、Googleマイビジネスさえ管理すればいいという単純なものではありません。そのため、Googleマイビジネスをいかに充実させるかが店舗集客のカギとなるでしょう。

サービスの魅力をどう発信していくか、他のライバル業者にはない魅力などをうまく発信し、新規顧客を獲得しましょう。