オーダーエントリーシステム(OES)とは?OESの導入メリットやシステムを紹介

オーダーエントリーシステム(Order Entry System /OES)は、従来は手書きの伝票で行われていた注文や連絡などをデジタル化して使用できるシステムのことを言います。

来店客のリピート化や新規顧客の獲得、スムーズで正確なオーダー業務を目指す上で欠かせないオーダーエントリーシステムですが、ファミリーレストランや居酒屋などで、店員さんがハンディターミナルなどの端末に入力する様子をよく見かけると思います。

ファミリーレストランや居酒屋などの飲食店チェーン店で多く利用されていますが、別名「オーダーコールシステム」とも呼ばれており、キッチンに戻ることなく注文を通すことができます。

近年タブレットやスマホなどの電子機器の発達やインターネット環境の向上によりこのオーダーエントリーシステムもかなり手ごろな価格で導入できるようになりました。

また、POSレジと連携すれば瞬時に経営状況が把握できるなどのメリットもあります。

POSレジについては以下を参照ください。

【保存版】POSレジとは?メリットや飲食店向けのオススメPOSレジアプリまとめ

今回は、オーダーエントリーシステム(OES)とは?OESの導入メリットやシステムを紹介します。

オーダーエントリーシステムとは?

オーダーエントリーシステムとは、飲食店でお客様からの注文を受けるためのシステムです。

お客様の注文を端末(ハンディターミナルなど)に入力して、即座に厨房のオーダープリンターで打ち出して注文を完了させると同時に、その情報を会計処理、売上情報確認、経理処理や在庫確認などのシステムと連携させて、コンピュータでリアルタイムに処理できます。

店員がオーダー入力するハンディタイプや、お客様自身がタブレットから入力するテーブル据置タイプなどがあります。オーダー入力すると、キッチンに設置されているオーダープリンターからオーダーが出力される仕組みです。キッチンでは、出力されたオーダーリストに従って調理を進めます。

オーダーエントリーシステムは主に以下3つのタイプに分類されます。

ハンディターミナル型

スマートデバイス型(アプリ型)

テーブル据置型

近年は、スマートフォンやタブレット端末を利用するクラウドシステムに対応したオーダーエントリーシステムも登場しており、従来の専用ハード/ソフトを使うオーダーエントリーシステムとは異なり、タブレット端末(ハンディターミナル)として使用することで、導入時のコストだけでなく、ランニングコストを含めた大幅なコストダウンを実現しています。

また、お客様が客席から直接操作して注文を行う「セルフオーダーシステム」も増加傾向にあります。

オーダーエントリーシステム導入のメリット

オーダーエントリーシステムは、特に飲食業界の業務改善に効果があります。さらに細かくメリットについてご紹介します。

回転率の向上

ハンディターミナルで注文を受けた後、内容を送信するだけで済むので、ホールスタッフがその都度注文を厨房まで伝えに行く必要がなくなります。そのため、一つのテーブルの対応が終わると、すぐに別テーブルの対応が可能です。

また、オーダーがすぐに厨房へ共有され注文時間を劇的に短縮できます。その結果、客の滞在時間も短くなり、回転率の向上が期待できます。

ヒューマンエラーの減少

オーダーエントリーシステムでは、データでの情報共有により、ヒューマンエラーを減らすことができます。

厨房ではハンディターミナルから送られた注文が印刷された伝票を見て、調理を行います。口頭での伝達や手書きによる受注は、どうしても聞き間違い・書き間違いによるミスが発生しやすくなります。間違った料理を提供すれば、客からのクレームだけでなく、食材の無駄にもつながるでしょう。

レジ会計の不正防止

注文を受けた時点でレジにもオーダー情報が送られているので、会計時に注文内容を打ち直す必要がありません。新たに手入力で計算しないので会計ミスがなく、迅速化にもつながります。

また、会計処理の済んだ伝票情報はPOSシステムを通じて店舗売上情報として本部のPCなどにリアルタイムで共有されます。レジでテーブルごとの会計情報を呼び出すこともできるため、万が一、会計処理が間違っていても、いつ、どの伝票が間違っているのかがわかるようになり、不正な会計処理の防止が可能です。

POSレジ連動型オーダーエントリーシステム

オーダーエントリーシステムは、さまざまなタイプがありますが、今回は、POSレジ連動型オーダーエントリーシステムを紹介します。

スマレジ

iPad/iPhoneアプリを用いた高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」。商品管理、売上管理、在庫管理、顧客管理、売上分析など、圧倒的な高機能を搭載。ウェブから申し込んで今すぐ利用可能!

ユビレジ

ユビレジはiPadを使った店舗の売上向上を実現するPOSレジシステムを30000店舗以上に提供しています。顧客管理機能、ハンディ連携、在庫管理連携の導入事例、活用事例が多数あります。

https://ubiregi.com/

Orange Handy

Orange Handyは、iPad miniを使った飲食店向けハンディ、オーダーエントリーシステム(OES)。飲食店でのオーダーエントリー(注文受付)業務に最適化された機能を多数、標準搭載。オレンジハンディでオーダーを取って、キッチンへ送信。

http://orange-tablet.jp/oes/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メニュー数が少なく規模が小さいお店であれば、スタッフの小回りがきくためオーダーエントリーシステムは必要ないかもしれません。

早い段階であるほど、メニューの初期設定などのイニシャルコストは少なく済むため、ある程度の規模で展開または拡大を目指しているのであれば、早い時期から導入計画を立てておいたほうが良いでしょう。

手書き伝票の管理より、データとして蓄積してPOSレジと連携すれば瞬時に経営状況が把握でき、迅速な対応が可能になることを考慮にいれれば、長期的なトータルの収益率は高くなります。