【保存版】POSレジとは?メリットや飲食店向けのオススメPOSレジアプリまとめ

新規出店を検討する中で「POS(ポス)レジって何?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

現代のレジは、POSと呼ばれる機能が備わり、「販売」のすべてを手助けする重要な役割を担うようになり、お店にとってなくてはならない存在となっています。

今回は、【保存版】POSレジとは?飲食店向けのオススメPOSレジアプリについて解説します。

POSレジとは?

POSは「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったものです。日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。POSレジとは、会計処理に限らず販売情報の集計・管理・分析が出来るシステムを搭載したレジのことです。

もともとは本部機能を持った小売チェーンや飲食チェーンが導入することが多いPOSレジでしたが、近年では小規模店舗でもデータ解析を行い、店舗運営の改善などを行うようになってきました。

POSレジはインターネット環境に繋がったレジから、販売情報が集約され、販売実績はリアルタイムで反映されます。

店舗経営者は外出先からでも、商品の売れ行きサービスの効果を確認することができます。情報を蓄積し分析することで品揃えを改善するなど、経営戦略に活かすことも可能です。

POSレジを導入のメリットとは?

POSレジを導入することによって、以下のようなメリットがあります。

会計・経理機能による業務効率化

POSシステムは、バーコードで金額や商品情報を読み取るため、手打ちレジに比較した場合、スピーディーな会計が可能となり混雑緩和に貢献します。

また、オーダーエントリシステムと一緒に導入・連携することで、会計時間の短縮が可能となりスタッフの負担が軽減されます。

さらに、営業終わりのレジ締めの作業も項目ごとにまとめられているため、レジ金を合わせること以外は工数がかからないため、POSレジを導入することにより、業務の効率化を図ることができます。

売上向上の為のデータ収集と分析

どの時間帯に、どの商品が、いくつ購入されたという事実がリアルタイムで確認できます。

これにより商品情報や時間軸はもちろん、顧客情報も含むことができるため、どのような商品が人気があるか、どんなお客様がリピートに繋がるかなど有益な情報を可視化でき、マーケティングに役立てることができます。

また、在庫の管理とも連携できるので、売るべき商品もスタッフ間で共有できます。過去のデータを活用し、昨年の同時期の売れ筋を見ることで、今年のメニューや商品ラインナップに活かすこともできます。メニュー開発だけでなく店舗づくりや価格構成の改善にも役立てることができます。

レジ担当者の不正防止

レジの使用ログが残るので、いつ誰が会計作業を行ったかが明確になります。

そのため、打ち込みの際の不正もなくなり、健全な店舗運営が可能となります。また、商品の金額を覚える必要もないので、慣れないスタッフでもレジ対応をスムーズに行うことができます。POSレジの導入によってレジ対応ができるスタッフが増えることで、混雑時などのオペレーション効率も上がります。

打ち間違いによる販売の防止

POSシステムではあらかじめ決められた金額を、バーコードで読み取るため、従来のレジでは起こっていた人的ミスを最小限に止めることができます。

キャンペーンやセールの際も管理者側で金額を予め変更できるので、複数の従業員がいる場合でも、商品の金額を予め設定できるので、金額の打ち間違いがなくなります。

金額の打ち間違いがなくなれば、会計後の打ち間違いによるクレームもなくなるので、カスタマーサービスの品質向上にも貢献します。

データの一元管理

複数店舗の出店ができるようになると、それぞれの店舗での売上の管理も大変になります。

多店舗展開するPOSシステムをネットワークで結ぶことにより、データの一元管理が可能となり、多店舗展開する際も経営者として数字を管理しやすくなります。店舗管理業務から経営者としての仕事に従事するタイミングにおいて、必ず必要になるでしょう。

オススメPOSレジアプリ

Square POSレジ

Square POSレジは、あなたのビジネスの成長をお手伝いする無料の販売時点情報管理です。決済、電子レシート、保留会計、在庫管理、売上レポートなど、すべてをかんたんに。

https://squareup.com/jp/ja/point-of-sale

Airレジ(エアレジ)

いま一番選ばれているPOSレジアプリ 利用店舗数No.1の「Airレジ」調査主体:(株)リクルートライフスタイル 調査実施機関:(株)インテージ(2016年7月 … 会計・売上管理やレジ締めなど店舗経営の業務効率化なら0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ エアレジ.

https://airregi.jp/

スマレジ

iPad/iPhoneアプリを用いた高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」。商品管理、売上管理、在庫管理、顧客管理、売上分析など、圧倒的な高機能を搭載。ウェブから申し込んで今すぐ利用可能!

ユビレジ

ユビレジはiPadを使った店舗の売上向上を実現するPOSレジシステムを30000店舗以上に提供しています。顧客管理機能、ハンディ連携、在庫管理連携の導入事例、活用事例が多数あります。

https://ubiregi.com/

POSレジは補助金の対象に?

POSレジはさまざまな補助金の対象となっていますので、以下、いくつか紹介します。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費者だけでなく、中小・小規模の小売店やサービス業者、飲食店といったお店にも決済端末や決済手数料の補助が受けられるなどメリットのある内容となっています。

詳細は、以下を参照ください。

店舗・通販・EC事業者は補助金で決済端末を導入!キャッシュレス・消費者還元事業

軽減税率対策補助金(中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金)とは 消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や受発注システムの改修などを行うにあたり、その経費の一部を補助する制度です。

詳細は、以下を参照ください。

【対象拡大・補助率アップ】2019年1月から軽減税率対策補助金が拡充!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

POSレジとは会計処理だけでなく、販売情報の集計・管理・分析までできるレジのシステムです。

POSレジには従来のレジにPOS機能が追加されたもの、パソコンやタブレット端末をレジに応用したもの、メーカーによって独自に開発されたターミナルPOSがあります。POSレジの種類によって使い勝手やサイズ、価格が異なるため、店舗のニーズに合ったものを選びましょう。かそ