【保存版】マネジメントとは?意味や定義、リーダーシップとの違いまとめ

企業における「マネジメント」の役割は「経営・組織を管理する」業務です。

そして管理職は、組織の管理責任者であり、マネージャーは仕事を管理し、部下を育成・評価し、リーダーシップを発揮しながら組織を1つの方向にまとめて事業の成長へ導く役割があります。また、マネージャーは、組織の目標を設定するだけでなく、目標達成の為のための業務のサポートからお金や人といった経営資源全般を管理しなければなりません。

今回は、【保存版】マネジメントとは?意味や定義、リーダーシップとの違いについて解説します。

「マネジメント」とは?

マネジメントとは、経営手法の1つで資源や資産、リスクを管理することで経営目的を維持し、発展させることです。

一般的にイメージされるマネジメントは主に人的マネジメントであり、「マネージャー」と呼ばれる役職が行う仕事です。マネージャーは、「ホテルや飲食店などの支配人・管理人」「芸能人について、仕事の交渉や世話にあたる人」「企業などで、管理職」と定義されていますが、いずれも、管理する立場の人であることが分かります。

マネジメントとは、目標や目的の達成に向けて、組織に必要な要素を適切に分析・管理を行ない、集団活動の維持や促進を担う能力を指します。リーダーシップの定義が行動や創造を中心としている一方、マネジメントの定義は目標や目的を達成するための手段の模索や管理が中心です。

具体的な内容として、組織に属するメンバーの管理、前例の模倣、短期的な見通し、損得勘定、現状の認識、規則や秩序の遵守、戦略立案などが挙げられます。マネジメントの権威でもあるピーター・ドラッカー氏によれば、社会と個人がより大きな相互関係を維持・発展させるものが組織であり、その組織を機能させる役割がマネジメントと定義しています。

また、大企業の部長や課長などの管理職・管理者、現場を統括するマネージャーに求められる能力です。建築業界で例えるならば、マネジメントとは、実際に家を建てる「大工」の立ち位置といえます。

「リーダーシップ」と「マネジメント」の違い

リーダーシップとマネジメントは混同されがちですが、企業の経営にあたってはそれぞれ異なる役割を果たします。

一般的に、企業の健全な運営には適切なマネジメントが必要であると認識されています。しかし、企業が大きく成長を続けるためにはリーダーシップを発揮できる人財が必要不可欠です。

以下、「リーダーシップ」と「マネジメント」のそれぞれの役割です。

<リーダー>

リーダーシップは、ビジョンを明確にして目的達成へ導く力です。ビジョンと結果に着目し、目標達成に向けて時には新しいことに挑戦し創造することで、チーム全体を導いていくことが必要です。

将来や未来を重要視し、その為には多少の逸脱も辞さない覚悟で挑みます。マネージャーは、未来のことよりも目先のことを重要視し、目標達成や業績に結びつく様々な努力をします。事業の発展や新たな価値を見出し、イノベーションを起こすだけの勇気やパワー、そして行動力が必要とされます。

具体的には、チームが目標とする方向性を示し、一人ひとりに「誰が何をすべきか」という役割を提示します。また、リーダー自身もチームの一員、すなわち実務者であることから、自らが率先して行動を起こし、その姿勢を周囲に示しつつチームを率いて行くことが重要です。

<マネジメント>

マネジメントの定義は、目標・目的達成のための手段を定め、管理することです。例えば、「ビジョン実現のために細かな戦術を立案する」、「あらかじめリスクを予想し回避するために改善する」、「システムなどによる人の管理、確実に結果を出すために人・もの・お金を調整する」といった役割があげられます。

管理者である「マネージャー」は、チームの活動が、組織の規則や秩序・方針に則って行われるよう適切に導く役割があります。リーダーが「革新的」であるのに対し、マネージャーは「安定・効率化を推進する」立場にあると言えるでしょう。

チームは組織の一部です。チームの意志を尊重しながらも、組織が決定した方針や戦略、組織の調和を逸脱することのないよう管理し導いていくことが重要なのです。そのため、常に組織全体の状況や現場の知識を把握しておく必要があるほか、経費をはじめとするあらゆる状況を数字で管理する能力も求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マネージャーは、高いレベルのビジョンを持ってチーム・部下を指導し、組織を引っ張っていかなければなりません。ただし、組織を引っ張ることは簡単ではありません。