【保存版】PEST分析とは何か?意味や4つの外部環境分析と事例まとめ

事業を成功に導くために外部環境の分析が有効であり、事業に大きな影響を与える「マクロ環境」を知ることは事業を進める上で非常に重要です。

そのマクロ環境を効率よく、網羅的に分析するために使用するフレームワークが「PEST分析」です。この外部環境とその変化に対応することで、ビジネスを上手く進めることができます。

今回は、【保存版】PEST分析とは何か?意味や4つの外部環境分析と事例について解説します。

PEST分析とは?

PEST分析とは、自社を取り巻いているマクロ環境が今後どのような形で自社に対して影響を及ぼすのかを予め把握、分析しておくために用いられるマーケティングフレームワークです。

P・・・Politics(政治)

E・・・Economy(経済)

S・・・Society(社会)

T・・・Technology(技術)

上記の4つの環境要因を洗い出して分析することから、それぞれの英単語の頭文字を取ってPESTペスト)分析と呼ばれています。

PEST分析の提唱者は、5A理論をはじめ、STP分析やマーケティング4.0などの優れた分析方法やマーケティング概念を次々に生み出している経営学者のフィリップ・コトラー(Philip Kotler)氏です。

成功した企業、商品は、必ず世の中の変化や流れ、トレンドを味方につけています。外部環境の変化にともない、自らの組織・商品を時代に即したものへと変えられるものこそ、生き残ることができるのです。その外部環境、なかでもマクロ環境を把握し、自社への影響をはかるフレームワークが「PEST」です。

PEST分析の4つの環境要因

Politics(政治的要因)

Politics(政治的要因)では法律や税制、公的支援制度など政治的側面から市場環境の分析を行います。

Politics(政治的要因)は、市場競争の前提である市場競争のルールそのものに大きな変化をもたらします。予め適切な対策を講じておくことによって、競合他社に対する競争優位性や戦略が生み出す成果を最大化し、リスクや損失を最小化することが可能となります。

具体例としては以下となります。

法律、法改正(規制・緩和)、裁判制度、判例

税制変化(増税・減税)

政治、政権交代、政治団体、デモ活動

公的支援制度(補助金・助成金)、特区制度

国際政治動向(条約、貿易問題、関税問題)

Economy(経済的要因)

Economy(経済的要因)では景気や株価、物価など経済的側面から市場環境の分析を行います。

消費者の購買意欲や購買傾向だけでなく、仕入れコストや製造コスト、輸送コスト、人件費など、自社製品の販売価格やサービス提供価格、価値連鎖(バリューチェーン)に対しても大きな影響を及ぼします。

具体例としては以下となります。

景気動向、消費動向

物価変動(インフレーション・デフレーション)

経済成長率

雇用情勢、賃金動向

為替、株価、金利、原油価格

Society(社会的要因)

Society(社会的要因)では人口動態やライフスタイル、生活者意識など社会的側面から市場環境の分析を行います。多くの企業が通常のマーケティング活動の中で消費者動向であるこのSociety(社会的要因)に注目し、分析を行っています。

近年、ブログやSNSなどの情報発信ツールを利用しているのもこのような背景を考慮した結果でもあります。

具体例としては以下となります。

少子高齢化

流行、文化、サブカルチャー、ライフスタイル

社会問題(事件・犯罪・環境問題)

世論、風潮

教育制度、宗教、言語

Technology(技術的要因)

Technology(技術的要因)ではITの進化やビジネスの自動化、特許技術など技術的側面から市場環境の分析を行います。

多くの企業で付加価値として採用される要素がTechnology(技術的要因)です。あらゆる種類のビジネスに対して多くの付加価値と可能性を与えます。

体例としては以下となります。

ITインフラ整備、IT利活用、IoT

ファクトリーオートメーション(FA)、RPA、人工知能(AI)

技術開発、技術革新、イノベーション

特許権(取得・消滅)

代替技術

まとめ

いかがでしたでしょうか?

PEST分析は、自社ブランドを取り巻くマクロ環境の変化をいち早く捉えて、自社の生き残りを図る上で大切な分析手法です。

自社の努力だけではどうすることもできない外部要因を、リスクや脅威として捉えるばかりではなくビジネスチャンスと捉えていくことは、それまでの事業の幅を大きく広げ自社の可能性を広げることにつながります。

時代の流れを味方につけるためにも、より精密な分析をするためにも、各要素について理解し有効に活用することが必要です。