【保存版】クロスSWOT分析とは?具体的な戦略や戦術策定のフレームワークまとめ

SWOT分析はメジャーな分析方法ですが、発展させたクロスSWOT分析をご存知ですか?

クロスSWOT分析とは、実際に戦略や戦術策定、計画に落とし込むために、SWOT分析の結果をもとに「SO戦略」「ST戦略」「WO戦略」「WT戦略」の4種類の戦略を生み出すための状況分析フレームワークです。

SWOT分析についての詳細は、以下を参照ください。

今回は、クロスSWOT分析とは?具体的な戦略や戦術策定のフレームワークについて解説します。

クロスSWOT分析とは?

SWOT分析をベースとして戦略を立てるために「クロスSWOT分析」を行います。

クロスSWOT分析とは、実際に戦略や戦術策定、計画に落とし込むために、SWOT分析の結果をもとに「SO戦略」「ST戦略」「WO戦略」「WT戦略」の4種類の戦略を生み出すための状況分析フレームワークです。

SWOT分析は、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威の4つの項目をリストアップする流れで進めますが、クロスSWOT分析はさらにこの4種類の戦略を組み合わせていきます。

4つの戦略とは、以下となります。

SO戦略:強みと機会の両方を最大化する戦略
ST戦略:強みを最大化して脅威を最小化する戦略
WO戦略:弱みを最小化して機会を最大化する戦略
WT戦略:弱みも脅威も両方を最小化する戦略

Strength × Opportunity:SO戦略(強み × 機会)

Strength(強み)とOpportunity(機会)を組み合わせます。自社の強みがさらに活きる機会があれば、それを見逃さないよう戦略を考えていきます。強みや長所を強化するように、積極的な方針を考えていきます。

Strength × Threat:ST戦略(強み × 脅威)

次は、Strength(強み)とThreat(脅威)の組み合わせです。外部環境の中には、強みを打ち消したり弱めたりする要因も存在しています。こういったネガティブな要因を防ぎ、強みを維持したり、より強みを強調していくことが必要になってきます。

Weakness × Opportunity:WO戦略(弱み × 機会)

Weakness(弱み)とOpportunity(機会)の組み合わせです。せっかく外部環境に機会があったとしても、自社の弱みが原因となって、その機会を逃してしまう可能性もあります。機会を逃さないよう、弱みによる影響を最小化していきます。また、たとえ機会があったとしても参入を見合わせた方がいいケースもあるので、その点についても検討します。

Weakness × Threat:WT戦略(弱み × 脅威)

Weakness(弱み)とThreat(脅威)が組み合わさると、負の相乗効果を生み出してしまいます。それを防ぐための施策を打ち出したり、状況によっては事業を縮小したり撤退した方が良いこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SWOT分析を行うだけでは、実際に使える分析結果は出てきません。単に内部要因と外部要因を書き出したに過ぎないからです。実際に使えるものにするために、クロスSWOT分析をする必要があります。

SWOT分析に一手間加えるだけで具体的な戦略や戦術策定がうみだせるため、ぜひ積極的に取り組んでいただければと思います。