【東京・上限1000万円】海外展開の知財戦略の推進!グローバルニッチトップ助成事業

日本企業が海外進出するためには、さまざまな方法がありますが、その中でも知財戦略の推進は海外展開において重要な課題です。

世界規模での事業展開を考える上で、知的財産権の取得等に要する費用を助成するのが東京都の「グローバルニッチトップ助成事業」です。

東京都「グローバルニッチトップ助成事業」とは、東京都内に主たる事務所を有し、世界規模での事業展開が期待できる技術や製品を有する中小企業等を対象に、知的財産権の取得等に要する費用を助成し、知財戦略の策定から実施までを継続的かつ強力に支援するものです。

経済産業省では、「グローバルニッチトップ」を「国際市場の開拓に取り組んでいる企業のうち、ニッチ分野において高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業」と定義しています。

今回は、海外展開の知財戦略の推進!グローバルニッチトップ助成事業について紹介します。

グローバルニッチトップ助成事業とは?

高い技術力を有する中小企業等が世界規模で事業を展開していくためには、高度な知財戦略を推進していくことが重要です。しかし、特許や商標などを複数の国で出願し、知的財産権を取得・維持するには多額の費用が発生します。

また、模倣品被害や知財紛争など、海外での知財をめぐるリスクに対し、迅速かつ的確に対応するためには各種調査や専門家による対応が必要となり、これらにかかる費用も中小企業等によって大きな負担となっています。

そこで東京都は、世界規模での事業展開が期待できる技術や製品を有する中小企業等に対して、知的財産権の取得等に要する費用を助成し、知財戦略の策定から実施までを継続的かつ強力に支援することで、東京の産業を牽引する企業を創出することを目的に本助成事業を実施します。

事業概要

世界規模で事業展開が期待できる技術や製品を有する中小企業等に対して、知的財産権の取得等に要する経費の助成及び知的戦略アドバイザー等による知財戦略の策定から実施までの支援を、3か年にわたり実行します。

助成対象

以下の要件を満たし、都内に主たる事務所を有する中小企業等 詳細はこちら

  1. 東京都又は公益財団法人東京都中小企業振興公社が実施する既存事業で、技術や製品が優れたものであると認められ、表彰・助成・支援を受けていること
  2. 上記の技術や製品に係る特許権、実用新案権、意匠権が、国内外のいずれかで、既に権利化されていること
  3. 世界規模(概ね3か国、地域以上)での事業展開の計画を有しており、その計画に基づき、海外での知財の権利取得・維持等を推進しようとしていること
  4. 過去に東京都知的財産総合センターから助成金の交付を受けている者は、「活用状況報告書」を所定の期日までに提出していること

助成内容

助成率 助成対象となる経費の合計額に対し、1/2以内
助成限度額 3か年で1,000万円
助成対象経費 ○外国での該当製品・技術等に関する権利取得・維持に関する費用
(周辺・改良技術等に関するものを含む)
○知財トラブル対策費用(訴訟に要する費用は対象外)
○先行調査費用(特許・商標・意匠・実用新案等)
助成件数 5件程度

公募受付期間

2019年7月1日(月)~8月15日(木) (土曜・日曜・祝日は除く)

※上記期間内に電話で申請日時を予約したのち、所定の様式に必要書類を添えて
直接来所のうえ、提出してください(郵送不可)。

詳細について

詳細は以下を参照ください。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/josei/nichetop/index.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海外展開では知的財産訴訟に巻き込まれるリスクが強まっています。

そのため、海外展開にあたって、進出先国・地域での商号や商標登録、工業所有権、著作権、技術移転などの知的財産権制度について事前にしっかりと確認しておく必要があります。

しかしそれらには多くのコストがかかります。知財戦略を補助するのが「グローバルニッチトップ助成事業」です。海外展開を検討している企業はぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。