無料BIツール!Google データポータルとは?できることやメリットまとめ

みなさんはデータ分析をする際に、どのように分析をしていますか?

ダッシュボードから傾向を測る派の方や、Excelで集計する派の人など、それぞれ自分好みのやり方があるとは思います。

その分析において、勝手にグラフ化されて出てくる事を可能にするのがGoogleが提供する無料の分析ツール「Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)」です。

今回は、無料BIツール!Google データポータルとは?できることやメリットについて解説します。

Google データポータルとは?

Google データポータルとは、Googleアナリティクスなどで取得したデータをグラフや図表などでわかりやすく可視化してくれる、ビジネス・インテリジェンスツールです。

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールは、経営や会計などの分野から生まれたもので、膨大なデータを収集、蓄積、分析、報告することでビジネスの意思決定に役立てるためのツールとして登場しました。

GoogleアナリティクスやSearch Console(サーチコンソール)など、さまざまなデータを接続させ、膨大なデータを簡単に可視化することができます。

以下、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールについては、以下を参照ください。

BIツール(ビジネスインテリジェンスツール)とは?オススメツール比較まとめ

Google データポータルを導入すれば、これまで多くの時間がかかっていたデータの解析レポートを自動で生成できるようになるため業務効率化に貢献します。

Googleデータポータルでできること

データの視覚化と連携

データをさまざまなグラフや表へまとめて、簡単に視覚化することができます。

GoogleアナリティクスやSearch Console(サーチコンソール)など、100を超えるデータとの連携が可能です。また、MySQLなど独自データとの連携も可能です。さらに、ローカル上のExcelで作成されたデータも、アップロードすることで利用可能となります。

オンラインで共有できる

Google データポータルのレポートは、スプレッドシートなどと同じようにGoogle ドライブ上に保存されているため、作成したレポートを、様々な人と共有することができます。

編集権限を付与すれば、社内の人だけに共有したり、特定の個人のみと共有したりすることも可能です。複数人での編集も可能ですし、閲覧のみ可能な権限でレポートを共有することもできます。

データを集約できる

Google アナリティクスなどGoogleが提供する多くのツールと連携することができます。一度データを連携してレポートを作成しておけばデータの取得や更新などの手間を省くことができます。

Googleスプレッドシート、Googleアナリティクス、Google広告、GoogleBigQueryなどのデータを、簡単に結び付けることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Googleデータポータルは、初期設定をしてしまえば、レポーティングにかかる工数を大幅に削減し、リアルタイムで更新することが可能です。これまでレポートの作成にかかっていたの時間を、ビジネス戦略の立案や、解析をする時間に使うことができます。

しかも、無料で利用できるため、無料のBIツールとして、データ分析にかける時間を短縮したいという方は、ぜひを試してみてはいかがでしょうか。