「3C」や「4P」とは何か?マーケティングでよく活用されるフレームワークまとめ

戦略を考える上で、自社を取り巻く市場環境を正確に把握し、自社の強みや弱みを明らかにすることは重要です。

そこで効果的なのがビジネスフレームワークを活用する方法です。今回紹介する「3C」や「4P」は、それぞれマーケティングでよく使われるフレームワークですが、どのように活用すればよいのか皆さんは正しく理解しているでしょうか。

今回は、「3C」や「4P」とは何か?マーケティングでよく活用されるフレームワークについて解説します。

3C分析とは?

3C分析の3C とは、「自社(Company)」「顧客(Customer)」「競合(Competitor)」の英単語の頭文字を取ったもので、この3つを基に現状を分析することを「3C分析」といいます。

3Cのコンセプトを考案したのは、経営コンサルタントでビジネスブレイクスルー大学学長でもある大前研一氏で、1982年に「The Mind of the strategist」によって広く周知されました。

以下は、3つの要素を説明したものです。

自社(Company) :自社の売上高やサービス、ブランディングなど

顧客(Customer) :自社のサービスや商品を用いるユーザーや消費者ニーズなど

競合(Competitor) :自社と同じ商品・サービス・顧客をもつ競合企業など

自社を利用する顧客が何を求めており、自社がどんなサービスを提供できるか、そして競合他社はどんなことを行っているか、などから競合他社より、自社の取るべき戦略を決定します。外部要因である市場と競合、そして内部要因である自社を照らし合わせると、何が自社の強みと弱みなのかが分かるようになります。

例えば、「価格を下げるのか」「品質をあげるのか」「付加価値をつけるのか」、そういった戦略の方向性を顧客のニーズから探っていきます。

4Pとは?

4Pは、企業目線で製品やサービスの分析をするときに用います。

この4Pとは「ProductPricePlacePromotion=製品・価格・流通・プロモーション」のことで、「何を・いくらで・どこで・どのようにして」売っていくかを分析します。

マーケティングの基本は、「消費者が必要としている製品」を売る視点です。現代はモノに溢れ、消費者のニーズも多様性が生まれています。そこで、消費者のニーズを分析し、何が必要とされているのかを検討します。 

次に、「価格」を決めるフェーズに移りますが、価格は企業の売り上げに直結するものなので、4Pのなかでも慎重に検討する必要があります。また、消費者にとって購買の決定打にもなる大きな要素です。コストと競合企業の価格帯などを考慮しながら、市場の中で価格の最適化を行います。

次はどこで売るのか、「流通」の方法を考えます。どんなに素晴らしい製品を開発しても消費者が知らず、届かなければ意味がありません。そこで、消費者の手に届くための最適な販路を構築していきます。

そして、その製品をどのように知ってもらうか、「プロモーション」の戦略を検討します。トレンドの早い現代は、このプロモーション戦略はどんどん複雑化しています。

3Cと4Pの連携で戦略を決める

3Cと4Pなど複数のフレームワークを連携して活用すると、より精度の高い戦略を立案することが期待できます。

市場・顧客、競合、自社について3C分析を行う際に4P分析を連携させると競合との関係性がより詳細に把握でき、自社の強みと弱みも明確になるでしょう。

商品・製品であれば「競合よりも顧客ニーズを満足させられる商品か」「デザインや機能は優れているか」などについて分析します。価格については「収益性や競争力のある価格になっているか」の検討が必要です。

流通・立地であれば流通経路や店舗の立地、店舗数などについて分析します。広告・宣伝については、「広告予算や消費者に認知されているか」「購買行動を促すか」などの検討が必要です。

この4P分析によって、競合に対する自社の強み・弱みが明確になり、「強みをもっと活かす」「弱みをカバーする」ための戦略がみえてくるでしょう。このようにフレームワークを組み合わせることで、検討すべき項目のモレもなくなり、効果的な分析が行えるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「3C」や「4P」は、4Pだけ、3Cだけで考えるより、両者を融合させ分析することが効果的です。

ビジネスフレームワークには、今回の「3C」や「4P」のほか、SWOT分析やPEST分析、MECEなどがあります。目的に合わせてフレームワークを組み合わせ、より課題を明確にして戦略の精度を高めていきましょう。