【保存版】SWOT分析とは何か?分析に使用される有名なフレームワークまとめ

みなさんは、SWOT分析はご存知ですか?

SWOT分析とは、3Cや4P、PEST分析など並び、よく利用されるフレームワークのひとつです。しかし、なんとなく知っているけど、実はよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

SWOT分析は、現状分析に使用される有名なフレームワークです。このSWOT分析を活用できれば、これまで見落としていたビジネスチャンスを発見する機会に繋がります。

今回は、SWOT分析とは何か?分析に使用される有名なフレームワークについて解説します。

SWOT分析とは?

SWOT分析はフォーチュン500のデータを用いて1960年代から70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された手法です。

SWOT分析とは、競合や法律、市場トレンドといった自社を取り巻く外部環境と、自社の資産やブランド力、さらには価格や品質といった内部環境に分け、経営戦略や計画の現状分析を行うための分析手法です。

戦略策定やマーケティングの意思決定、経営資源の最適化などをおこなうための、使用機会の多い人気のフレームワークです。自社の内部環境と外部環境の分析を統合的に行い、自社のビジネスの機会を発見するために必要となります。

外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つです。

SWOTの「Strengths」・「Weaknesses」については、内部要因となり、「Opportunities」・「Threats」については、外部要因となります。

Strength:自社の強み

技術力の高さやユーザー数など、自社の強みとなる特徴を書き出します。 ユーザーがなぜ自社サービスや商品を利用してくれるのか、などの自社の長所を指します。

Weakness:自社の弱み

逆に自社の弱みや苦手なことについて分析します。自社の弱みや苦手な部分で、障害となりうる企業内部の特質となります。また、コストやリソースなどで競合よりも足りていない部分や、情報の打ち出し方などが自社が苦手とする部分です。

Opportunity:チャンスとなる外部要因

自社にとってビジネスチャンスとなるような外部要因を書き出します。徹底的にデータを収集し、どれほど小さなことでもチャンスとなりうる要因を1つでも多く抽出するようにしましょう。

Threat:脅威

自社の強みを打ち消してしまう危険性のある環境の変化や、競合他社の動きなどを分析します。外部要因ですので、自社の企業努力だけでまかなえない部分もありますが、脅威を知ることで新たなビジネスチャンスを抽出することもできます。

SWOT分析のやり方と方法

SWOT分析を行う場合は明確な目的を持つことが極めて重要です。

目的によって分析の内容は大きく変化する場合もあるため、分析の目的は事前に明確化しておきましょう。

分析の目的が明確になれば、分析を行うための各々のフレームがハッキリとしてきます。それらを踏まえた上で以下の手順と流れで分析を進めます。

①「強み」「弱み」「機会」「脅威」の4つを書き出す

② 書き出した内容ごとにまとめる。

③ まとめた内容を4つのフレームごとにグループ分けする

④ クロスSWOT分析に当てはめて戦略を具体化する

それぞれの外部環境と内部環境の分析で情報を集め、最終的にクロスSWOTで戦略を具体的に立案していきます。クロスSWOTから、答えを抽出していくことで戦略の具体化が図れます。

クロスSWOT分析については、以下を参照ください。

【保存版】クロスSWOT分析とは?具体的な戦略や戦術策定のフレームワークまとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SWOT分析を行うことで、自社にとっての市場機会、事業課題、見落としていたビジネス機会などを発見できます。自社の現状を多面的に把握・発見するためのフレームワークとして、SWOT分析を活用できます。

ビジネスにおいて、時間がたてば、内部環境も外部環境も必ず変化します。そのため、SWOT分析は継続的に、その時の環境に応じて繰り返し行うことでより高い効果を発揮します。分析には時間と労力がかかりますが、SWOT分析を活用すれば、来年の予算取りや、現状分析や戦略策定に役立てることができます。