Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeed(インディード)の違いまとめ

2019年1月に新しい求人検索エンジンとして、日本にもGoogleしごと検索(Google for Jobs)が展開され、求人業界に大きな衝撃を与えました。

現在、Indeedを活用していて、Googleしごと検索(Google for Jobs)との違いや、どちらがよいのか?気になっている方もいらっしゃるかもしれません。また、Googleしごと検索(Google for Jobs)に求人情報が出るようにしたいと考える方も多いと思います。

今回は、Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeedの違いについて解説します。

Googleしごと検索(Google for Jobs)とは?

Google しごと検索(Google for jobs)は、Googleの検索結果に対して、求人・採用関係のキーワードで検索したときに、企業の求人情報を検索結果ページの上部に掲載する機能のことです。

海外では、「Google for jobs」というサービス名で2017年6月にスタートし、日本では2019年1月23日に「Google しごと検索」という名称でサービスの提供が開始されました。

出典:Google 公式ブログより引用

表示されるのは上位3つまでで、この順位付けに関するロジックは非公開とされており、パソコンとスマートフォンの両方の検索結果で、Googleしごと検索の求人欄は表示されます。

求人情報をクリックすると、クリックした求人票の詳細やその他求人の一覧が確認できるページが表示されます。この画面から職種や就業場所など様々な条件を指定することで、求人情報の絞り込みもできるようになっています。

Google しごと検索は、Indeedや求人媒体のように求人情報を作成して掲載する機能はありません。

Google しごと検索の詳細については、以下記事を参照ください。

Google しごと検索(Google for jobs)とは?特徴や掲載の対応方法まとめ

Indeed(インディード)とは?

Indeed(インディード)は、求人情報に特化した、分野特化型の検索エンジンです。

https://jp.indeed.com/

Indeedは、従来のリクナビNEXTやマイナビ転職などの求人媒体とは、全くの別の仕組みになります。

簡単に言えば、Indeedは、GoogleやYahooのように検索エンジンが求人情報に特化したバージョンと言えます。具体的には、Indeedの検索窓に求職者が調べたいキーワード(職種、会社名、仕事内容)や勤務地を入力すると、関連する求人情報が表示されます。リクナビNEXTやマイナビ転職のような、求人を検索する時の詳細設定は必要はありません。

indeedは、大手の求人サイトや求人媒体の情報もクローリングによって収集・掲載しているため、求人媒体の6割程度の利用者は、indeedからの流入になっているという状況もあります。

GoogleやYahooのようなシンプルな検索インターフェイスも特徴です。

Indeed(インディード)の詳細は、以下を参照ください。

今さら聞けない「Indeedって何?」Indeed(インディード)の特徴・仕組みまとめ

Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeedの違い

Googleしごと検索(Google for Jobs)とIndeedは求人情報を集めたサービスですが、違いについて以下解説します。

広告枠の有無

IndeedとGoogle for Jobsで最も違うところは、広告枠の有無です。

Googleの宿泊地検索サービスと違い、Google for Jobsには今のところ広告枠がありません。ということは、Indeedのように費用をかければ上位表示ができるというわけではなく、Googleが定める掲載基準をできるだけ忠実に準拠するということが必要なのです。

求人検索での検索順位

Googleしごと検索は、オーガニック検索結果より上に固定で表示されます。

戦略的なSEO対策でオーガニック上位を独占していたIndeedよりもGoogle for Jobsは固定で表示されるようになります。これにより、Indeedはオーガニックからの流入を減らすことが考えられます。

ただ、オーガニック枠に表示される上位の検索結果の1~2位にIndeed(インディード)が出てきた後に、Googleしごと検索枠が表示されることもあるので、必ず上部に表示されるとは限りません。

応募者管理機能

Googleしごと検索(Google for Jobs)はあくまでも、検索エンジン上にある求人情報を集めたもので、応募者の管理ができません。それに対してIndeedは、専用の管理画面で求人情報の作成や採用ページを連携ができるため、Indeed経由で応募された方の管理ができます。

求人原稿を直接作成できるかどうか

Googleしごと検索(Google for jobs)とIndeedでは、求人サイトを掲載する手順が異なります。

Googleしごと検索(Google for jobs)に掲載するには、採用ページの構造化データマークアップが必要で、Indeedに求人情報を掲載する方法は、「Indeedに求人ページをクロールしてもらう方法」と「Indeed専用の管理画面で直接求人を作成する方法」があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Google for JobsとIndeedを比べると、求人情報検索サービスとして10年以上サービスを継続しているIndeedではできないことが目立ちます。

しかし、検索エンジンのプラットフォーマーであるGoogle、はGoogleマップを用いた位置情報を加味した検索結果の提示、検索者の検索履歴に基づく最適な求人検索などIndeedや他社にはできないサービスを提供可能にしています。