Googleしごと検索(Google for jobs)とは?特徴や掲載の対応方法まとめ

2019月1月23日に Google for Jobs がリリースされました。

海外では Google for Jobs と呼ばれているようですが、日本では「しごと検索」という名称です。

これまで求人媒体といえば、インターネットやテレビCMで注目を集めているIndeedを利用することが有名ですが、Google しごと検索はその新たな選択肢を与えてくれることになります。

今回は、Googleしごと検索(Google for jobs)とは?特徴や掲載の対応方法について解説します。

Google しごと検索(Google for jobs)とは?

Google しごと検索(Google for jobs)は、Googleの検索結果に対して、求人・採用関係のキーワードで検索したときに、企業の求人情報を検索結果ページの上部に掲載する機能のことです。
海外では、「Google for jobs」というサービス名で2017年6月にスタートし、日本では2019年1月23日に「Google しごと検索」という名称でサービスの提供が開始されました。
出典:Google 公式ブログより引用
表示されるのは上位3つまでで、この順位付けに関するロジックは非公開とされており、パソコンとスマートフォンの両方の検索結果で、Googleしごと検索の求人欄は表示されます。
求人情報をクリックすると、クリックした求人票の詳細やその他求人の一覧が確認できるページが表示されます。この画面から職種や就業場所など様々な条件を指定することで、求人情報の絞り込みもできるようになっています。
Google しごと検索は、Indeedや求人媒体のように求人情報を作成して掲載する機能はありません。

Google しごと検索(Google for jobs)の特徴

Google しごと検索(Google for jobs)はどのような特徴をもっているのでしょうか。

ここでは、Google しごと検索の特徴について解説します。

検索結果上の表示位置

実際に、Googleの検索エンジンで調査した結果、下記の順番でコンテンツが表示されるようです。

① Google広告

② Googleしごと検索(Google for Jobs)

③ 自然検索

自然検索の1・2位がGoogleしごと検索(Google for Jobs)の上部に表示されるケースもありますが、多くの場合は上記の順番で表示されています。

検索結果画面で1番目立っているのは、Googleしごと検索よって表示されている広告エリアです。検索結果の上部に表示されており、検索キーワードによっては企業レビューも表示されることがわかっています。

従来であれば、「indeed集客を制することができれば、求人募集に困ることはない。」と、ウェブコンサルタントたちの間で話し合われていました。しかし、Google しごと検索の機能が登場した今、indeed集客に依存するのは、あまりにもリスクが高すぎるといえるでしょう。

検索結果画面の上部に掲載される求人数

Googleしごと検索へ求人情報を登録したからといって、必ずしも1ページ目に上位表示するわけではありません。現在、Googleしごと検索の表示エリアは、上位3つの求人情報しか表示されません。他の求人情報は、すべて省略されます。

そのため、1件でも多くコンバージョンさせたければ、Googleしごと検索に関する検索アルゴリズムを推測し、上位3位に入る必要があります。

求人情報の絞り込み検索が可能

数千件にも及ぶ求人情報の中から、自分が探している理想の求人情報を見つけることはできるのでしょうか。Googleしごと検索では、検索ユーザーが目的の求人情報を素早く見つけだせるように、フィルタ機能を搭載しています。

フィルタ機能は、主に5つに分類されています。

カテゴリ

地域

投稿日

形態

企業

また、カテゴリを利用すれば、職業ジャンルから絞り込み検索ができます。

求人情報を閲覧していると、「この求人は、いつから掲載されているのだろう?」と疑問を感じることがあります。何ヶ月も求人掲載されているような場所は、できれば応募したくありません。その場合は、投稿日のタブをクリックしてください。最短であれば24時間以内、最長1ヶ月以内で絞り込み検索ができます。

そして、形態のタブでは雇用形態、企業のタブでは具体的な企業名から絞り込み検索ができます。使い方を覚えれば、いくつかの決まったフィルタを利用することで、素早く求人情報を見つけられるようになっています。

求人情報の保存が可能

求人情報の中でも、「あとで、もっと詳しく知りたい。」「これは、応募候補の求人だな。」と感じるものがあれば、すぐに保存できるようになっています。Googleしごと検索の求人情報の右側のリボンのようなものをクリックすれば、保存が完了します。

保存された求人は、保存済みの中に管理されます。この機能を利用すれば、後日、求人を見失ってしまうことがありません。

条件に見合った求人が公開されるとメール通知が届く
Googleしごと検索には、アラート機能が搭載されています。自分の希望する条件と見合った求人が公開されると、メールで知らせてもらえます。そのため、新たな求人情報を見逃してしまうことがありません。

Google しごと検索に求人情報を表示させる方法

Google しごと検索に求人を表示させるためにはいくつかの方法がありますので、代表的なものを紹介していきます。

構造化データのマークアップを行う(自社サイト対応

Google しごと検索では、求人に関する情報を「schema.org」の仕様に則って構造化、構造化したデータを「JSON-LD」という方法で記述します。構造化データとは、複数の要素を事前に決められたルールに則って整理した情報です。

ウェブサイトを作成する知識が必要なため、ホームページ制作会社に依頼することになり、費用が発生する可能性があります。

Google しごと検索に対応した採用管理システムを導入

採用管理システム(Applicant Tracking System)の中には、求人を公開することでGoogle しごと検索の掲載にも対応しているベンダーがあります。既にATSを利用されている場合は、サービスを提供しているベンダーにまずは相談してみましょう。

現在導入を検討している場合は、Google しごと検索の対応も可能かどうか考慮した上で、サービスの選定を進めてみてはいかがでしょうか。

Google しごと検索に対応した求人サイトに掲載

サードパーティの求人サイトに求人を掲載することにより、Google しごと検索へ求人情報を表示させることも可能です。

日本国内でも、大手の求人媒体で対応が進んでいる様子ですので、前述の採用管理システムのケースと同じ内容になりますが、Google しごと検索の対応可否は利用している求人媒体に確認をしてみましょう。

これから求人媒体を選ぶという段階であれば、事前にGoogle しごと検索に対応しているかも考慮して選定を進めてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後は少子化により人手不足が進行するので、採用コストはさらに高騰していくことが予想されています。特に知名度やブランド力が大企業と比較して弱い傾向にある中小企業では、採用ポータルサイトや求人広告の費用負担は重くなるでしょう。

Googleしごと検索は、うまく活用すれば採用コストを節約しながら求人できるサービスなので、採用活動の予算が限られる中小企業のみなさんはぜひ活用してみてください。