【保存版】法人保険はどんな種類がある?節税の仕組みやメリット・選び方まとめ

経営者の皆様は、「法人保険」という言葉をよく耳にすると思います。

特に、経営者・役員を対象として加入する法人保険については、「退職金の準備」「利益の繰り延べ」等に役立ちそうだというイメージも漠然と抱いているのではないかと思います。ただ、そういった法人保険には多くの種類があるので、何がなんだか分からないのではないでしょうか。

法人保険については、以下を参照下さい。

【保存版】法人保険とは?保険の目的や加入メリット・節税についてまとめ

年々それぞれのニーズに合わせた保険が増えていく中、法人保険も企業のニーズに合わせて、ますます種類が増えてきています。

今回は、法人保険の種類や節税の仕組みやメリット・選び方について解説します。

法人保険の種類

法人保険のは、おおまかに生命保険、損害保険の2種類があります。

生命保険は、経営者や従業員の死亡やケガ、退職に備えて加入する「ヒト」に対する保険であり、損害保険は、物損などの「モノ」の損害に対して加入する保険になります。また、損害保険の中にも「ヒト」を対象にした傷害保険があります。

生命保険は、経営者を含めた役員、従業員の死亡やケガなどに備えて保険加入をしておくと従業員に対しての福利厚生として活用することが可能です。損害保険に関しても仕事で使用する営業用車両でトラブルを起こした場合などの損害賠償に対して備えができます。

法人保険の種類としては逓増定期保険、長期平準定期保険、養老保険などが活用されています。また、場合によっては法人専用のがん保険が活用される場合もありますが、ご加入の年齢によって選ぶ保険種類・保険会社が変わってくるでしょう。

社員の退職金準備では、一般的に養老保険が選ばれており、社員の万が一に備えた死亡保障の準備と定年時の退職金の二つを同時に準備可能です。積立効果の高い生命保険ですが、条件が整えば、半分を損金処理することができます。

このように、法人契約で生命保険に加入する場合に目的によって選ぶ生命保険商品も多種多様な種類があります。

法人保険の選び方

生命保険を選ぶにあたっての加入目的を明確にすることが重要です。

従業員のための福利厚生の充実を考えて生命保険に入るのか、仕事で使用する自動車で事故を起こしたときの備えとして損害保険に加入するのかなど、法人保険の加入目的が明確になっていないと、目的が節税対策だけとなってしまいます。

また、同じ保険種類でも各保険会社が特徴となる特約や設計、取扱い可能な年齢帯が変わりますので、ご加入前に多くの保険会社を比較しましょう。

例えば、財務体質の強化も考えた生命保険に加入する場合、事業計画に沿った法人保険を選ぶことがとても重要です。

経営者の中には「今期の利益を全て生命保険に加入したい」という社長もいますが、この考え方はおすすめできません。あくまでも生命保険を活用したプランは複数年、生命保険料を支払わなければなりません。そのため事業計画に基づいて、無理の無い範囲で必要保障を満たすことが重要です。

また、法人保険の保険の設計はかなりの自由度があるため、同じ保険商品でも保険会社によって大きな差が出る場合があります。そのため、必ず複数の保険会社商品を比較してみましょう。

法人保険に加入しようと考える段階では企業に勢いがあり、お金に余裕があるから節税のために法人保険に加入しようと考えます。節税といえば聞こえはよいですが、企業にとっての生命線である現金を使って保険商品を購入することになりますので、保険を購入すれば当然、手持ちの現金は減ります。

法人保険に加入する際は、キャッシュフローが悪くなる可能性があることに注意しましょう。自社にマッチした保険に加入しなくてはならないだけではなく、企業の経営状況も考えて保険に加入しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

法人保険も一般の生命保険、自動車保険と同じく、保険会社によって保険料や望む効果などピンキリです。

保険会社・保険商品選びに失敗しては、効果も半減。法人保険に力を入れている保険会社の商品をじっくりと比較し、プロの営業マンに相談しながらご加入することをおすすめします。