【保存版】商工会議所と商工会の違いとは?ぞれぞれの特徴の違いや役割まとめ

皆さんは、商工会議所と商工会の違いをご存知ですか?

起業や創業のときの相談先として必ず出てくるのも商工会議所と商工会ですね。

これらは、名称もよく似ていますが別々の団体であり、一見どこに違いがあるのか分かりづらいかもしれません。

起業家や企業の経営者にとって、商工会や商工会議所はなくてはならない存在ですが、何をしている団体なのか、また、同じ組織だと思っていた方もいらっしゃるかもしれません。同じ理念での活動を行っている団体ですが、根拠となる法律や管轄機関には相違があります。

今回は、商工会議所と商工会の違いとは?ぞれぞれの特徴の違いや役割について解説します。

「商工会」と「商工会議所」の違いとは?

商工会議所は、原則として市の区域に設立された公的団体であり、一方商工会とは、主に町村部に設立された公的団体です。

違いとしては、商工会は小規模事業のための施策に重点を置いているのに対して、商工会議所は中小企業の支援だけではなく、国際的な活動を含めた幅広い事業を行っていることになります。

以下、それぞれの違いについて解説します。

<商工会議所と商工会の違い>

商工会議所 商工会
根拠法 商工会議所法 商工会法
主管館長 経済産業省 中小企業庁
管轄範囲 市区単位 町村単位
会員規模 中小企業に加えて大企業も加入 地域の中小企業や個人事業主
業務内容 政策提言や会員交流、経営改善普及など 経営改善普及事業

商工会議所とは?

「商工会議所」は、原則として市の区域に設立された公的団体です。

1878(明治11)年、東京、大阪、神戸の3都市に、日本で最初の商法会議所である商法会議所が設立されました。その後、全国の主要都市にも設立され、1922(大正11)年に日本商工会議所が誕生しました。1954(昭和29)年の商工会議所法に基づき、特別認可法人として改編されたのが、現在の商工会議所です。

商工会との違いとしては、小規模事業のための施策に重点を置いているのに対して、商工会議所は中小企業の支援だけではなく、国際的な活動を含めた幅広い事業を行っていることです。簿記の検定試験として最も有名な「日商簿記検定」を実施していることでも知られています。

商工会とは?

「商工会」は、主に町村部に設立された公的団体です。

商工会 は、地域の事業者が、お互いの事業や地域の発展のために、業種に関わりなく会員となり活動を行っている団体です。現在、全国に1600以上の商工会があります。また、各都道府県には商工会連合会があり、地域の小規模企業や中小企業を支援しています。国が認定した経営指導員が常駐しており、経営全般のサポートを行っています。

地域の事業者が業種に関わりなく、お互いに発展するために総合的な活動を行っています。同じ市区町村で6ヶ月以上、事務所や店鋪などを構えている事業者ならば、ビジネスの規模にかかわらず、加入することができます。

個人事業主の方でも加入できますし、もし、上記の条件を満たしていなくても、特別会員制度(賛助会員制度)による会員サービスを行っていますから、実質、事業を行っていれば誰でもサービスは受けられると言ってよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

経営におけるさまざなサービスを享受すれば、会費以上のメリットがある商工会や商工会議所です。

しかも、その会費が全額経費として損金計上することが可能です。また、公的団体という安心感もありますから、気軽にいつでも相談できるアドバイザーとして活用してみてはいかがでしょうか。