【知っておきたい】国内の会社の数(中小企業、倒産件数、赤字会社、上場企業数)まとめ

国内の企業の数は?また中小企業の内訳は?などご存知ですか?

国には「中小企業庁」という中小企業の育成、発展に関する事務などを所掌する専門の省庁を設置しているくらい、その動向はとても重要なものなのです。今回は、各種リサーチの為の資料や、起業や独立などのマーケットリサーチなどで知っておきたい、大企業と中小企業の違い、その定義と企業数、従業者数についてわかりやすく解説します。

国内の会社の数(企業数)について

「平成26年経済センサス-基礎調査」によると、大企業の数は1万1,000社、中小企業は380万9,000社でうち、中規模企業は、55万7,000社、小規模事業主は、325万2,000社である。

業種 企業数 従業員数
大企業 1万1,000社 1,433万人
中小企業 380万9,000社 3,361万人
そのうち
中規模企業
(55万7,000社) (2,234万人)
そのうち
小規模事業者
(325万2,000社) (1,127万人)

上記、中小企業の定義は以下となります。

 

<中小企業基本法の定義と企業数、従業者数>

サービス業の場合、資本金5千万円以下 または 従業者数100人以下となっています。

中小企業 うち小規模事業者
業種 資本金 または 従業員 従業員
製造業・その他 3億円以下または300人以下 20人以下
卸売業 1億円以下または100人以下 5人以下
サービス業 5,000万円以下または 100人以下 5人以下
小売業 5,000万円以下または 50人以下 5人以下

全体の割合でいうと、大企業が0.3%、中小企業が99.7%と、国内の企業の大多数は、中小企業であることがわかります。その中でも、従業員が5名以下の小規模企業は日本の全企業数の9割弱を、また雇用の1/4をそれぞれ占めています。

また、中小企業の数は2009年には420万社だったものが、2012年には385万社、2014年は381万社と減少傾向が続いています。

国内の倒産件数、赤字会社など

2014年3月に国税庁が発表した「平成24年度分法人企業の実態(会社標本調査)」では、赤字会社は調査法人全体(253万5272社)の70.3%の177万6253社となっています。国内企業の約7割が赤字という結果ですね。

また、開業・廃業の内訳(2009-2014年)内訳においては、66万社が開業しており、113万社が廃業しているという状況で、あたらに開業するより廃業する数の方が多いといった現状があります。

国内の上場企業の数

逆に、上場企業は、一体、何社くらいあるのでしょうか。一口に有価証券を取引できる市場と言っても、その取引所は東京証券取引所と大阪取引所をはじめ、札幌、名古屋、福岡にも取引所があります。以下は、2018/04/04時点での国内の上場企業の数です。

(単位 : 社)
カッコ内は、うち外国会社
 
最終更新日 第一部 第二部 マザーズ JASDAQ スタンダード JASDAQ グロース Tokyo Pro Market 合計
2018/04/04 2,083
(3)
516
(1)
247
(1)
702
(1)
40
(0)
23
(0)
3,611
(6)

年間で新規に上場する企業は、99年から2007年までの間の統計で、100から200社という調査結果が出ています。その中でも、東証取引市場では、年間でも30社に満ちません。その多くは、マザーズなどの新興市場へと上場を果たしています。