オウンドメディアリクルーティングとは?意味やメリット・進め方まとめ

昨今は、超採用難時代です。そんな中、最近、オウンドメディアリクルーティングという言葉を聞くようになってきました。

この言葉の発信源は、Indeed(インディード)の代表取締役です。近年、人材業界で存在感を強めているIndeed社は、オウンドメディアリクルーティングという概念を積極的に発信しています。こういった流れからも採用活動におけるオウンドメディア活用に注目が集まっています。

日本の採用は、採用活動といえば「求人媒体に広告を出す」ことが中心で、受け身(求人を出して待つだけ)であり、それだけでは優秀な人材の採用は受け身では難しくなってきています。

そんな中、「Webマーケティングを活用した採用戦略」に注目が集まっており、自社採用ページ内に職務内容や条件、求人媒体に書くようなことを記載し、検索エンジンから求職者に見に来てもらう能動的な手法が主流となっています。

今回は、オウンドメディアリクルーティングとは?意味やメリット・進め方について解説します。

オウンドメディアリクルーティングとは?

オウンドメディアリクルーティングとは、その名の通り、オウンドメディアを使った採用活動のことです。

求人媒体への求人広告掲載内容といえばメインとなるのは募集要項で、少しボリュームのあるものになると、それに加えて会社概要や代表者・人事担当者・先輩社員からのメッセージが掲載されているのがよくあるパターンです。

最近では定番化し、特に疑問に思うこともないコンテンツですが、本当にこれで「自社が意図する質・量の人材が確保できるでしょうか。超採用難時代において

会社の魅力やカラーを伝え、仕事内容やそのために必要な素養・スキルを伝え、ミスマッチを防ぎながら応募者の母数を確保するためには、そのようなコンテンツだけでは情報量が不足するようになってきています。

そのため、求人媒体への出稿ではなく、自社の採用サイト(=オウンドメディア)を立ち上げて、会社の魅力が十分伝えられる情報量を確保するのがオウンドメディアリクルーティングです。

オウンドメディアルクルーティングのメリット

上記でもお伝えしたように、オウンドメディアを立ち上げることにより、欲しい人材への情報量を確保できるほか、費用対効果が高い、求人に関する効果測定を行えるなどのメリットがあります。

以下、それぞれのメリットについて解説します。

会社の魅力や社風などを十分伝えられる

自社専用の採用サイトなら、文字数や写真などの上限を考えずに必要十分な情報を掲載できます。

情報量だけでなく、レイアウトやデザインにも制約がないため、会社の雰囲気や伝えたい内容に沿った適切なページの構築が可能になり、訴求力を高めることもできます。

一般的な求人コンテンツにとらわれない、自社ならではの自由度の高いオリジナリティコンテンツを作ることができるため、アイデア次第でより自社の求める人材にフォーカスすることができます。

広告よりも費用対効果が高い

求人広告の場合は、採用の有無に関わらず掲載料金がかかります。

最近では、採用が決まった場合のみ費用が発生する成果報酬型の求人媒体などもありますが、求人広告は、求人を出稿しても応募数が少なかったり、費用対効果の悪いものもあります。

そのため、改善しながら、応募者の傾向などに合わせて掲載内容を変更していくなど、ターゲットに向けた情報発信が可能になり費用対効果も高めることができます。

PDCAサイクルを回し改善できる

オウンドメディアリクルーティングは自社媒体のため、掲載期間に制限がなく、応募者の状況に合わせて掲載内容を変更することも容易です。

求人媒体への広告出稿でもPDCAサイクルを回ことは可能ですが、そのスピードはオウンドメディアリクルーティング比べるとスピードは劣ります。

求人広告への掲載でもPDCAを回すことは可能ですが、オウンドメディア・リクルーティングに自社のサイトであれば修正・改善が簡単にできるので、素早くPDCAサイクルを回し、より早く良い結果にたどり着けるのです。

オウンドメディア・リクルーティングの始め方

自社のサイトの制作

オウンドメディアを始めるためには、まず自社のサイトが必要です。自社のホームページを持っている企業は多いですが、持っていない場合はホームページ制作会社に依頼するなどして作成しましょう。

近年、ユーザーの多くはスマートフォン経由での応募になるため、自社のサイトを制作する場合は、スマートフォン向けに最適化したサイトを作っるようにしましょう。

採用ページの制作

自社のサイトが出来たら、サイト内に採用ページを制作します。採用ページを制作するときの注意点としては、「1ページにつき1求人」が基本です。

募集職種が多い場合、1つの採用ページに複数の職種を詰め込みがちですが、ユーザーの利便性を考え、1ページにつき1つの職種で制作することがオススメです。また、拠点が複数あり、同じ職種であっても勤務地が異なる場合もページを分けて作成した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新しい採用手法としてオウンドメディア・リクルーティングを導入している企業も増えています。オウンドメディアリクルーティングを導入することで会社の魅力が十分伝えられる情報量を求職者にむけて発信できます。また、Indeedを活用することで、オウンドメディアを効率よく運用することが可能です。

これから採用活動を積極化していきたい企業は、ぜひ活用してみてください。