キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者のA型、B型とは何か?

2019年10月の消費税率引き上げに伴い、消費者がキャッシュレス決済を行うと、9か月の期間限定で、5%、もしくは、2%のポイントが還元されます。これらの施策は、「キャッシュレス・消費者還元事業」の一環で実施されます。

この「キャッシュレス・消費者還元事業」は、消費者だけでなく、中小・小規模の小売店やサービス業者、飲食店といったお店にも決済端末や決済手数料の補助が受けられるなどメリットのある内容となっています。

詳細については以下を参照ください。

店舗・通販・EC事業者は補助金で決済端末を導入!キャッシュレス・消費者還元事業

上述しましたが、事業者は、「キャッシュレス・消費者還元事業」により、決済端末や決済手数料の補助が受けられますが、その中で、決済事業者のA型、B型という分類があります。その分類は何が違うのでしょうか?

今回は、キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者のA型、B型について解説します。

キャッシュレス・消費者還元事業の事業者のメリットとは?

まず最初に、キャッシュレス・消費者還元事業の事業主メリットを確認しましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業の事業者メリットは以下になります。

出典:経済産業省 中小・小規模事業者向けチラシ 

キャッシュレス決済導入支援として、中小・小規模事業者がキャッシュレス決済を導入する際に、必要な端末等導入費用の1/3を決済事業者が負担することを前提に、残りの2/3を国が補助します。端末本体と設置費用などが無料となり実質の負担なしで、端末導入が可能となります。

対象となるキャッシュレス決済は、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済など「電子的に繰り返し利用できる決済手段」となります。また、中小・小規模事業者がキャッシュレス決済を行う際に決済事業者に支払う加盟店手数料(3.25%以下)の1/3を、期間中補助します。

お客様へのポイント付与による集客の向上や、レジ締め・現金の取り扱いといったコストを省いて業務を効率化するだけではなく、キャッシュレス決済の導入に必要な様々なものを国や決済事業者が補助してくれる制度です。

キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者のA型、B型とは?

上記で説明したキャッシュレス・消費者還元事業の事業主のメリットの中核となるのは、ポイント還元とキャッシュレス決済端末等導入の2つとなります。

どちらの手段を提供するのかによって、A型決済事業者か、B型決済事業者になるのかを判断するとわかりやすいかと思います。以下、具体的にそれぞれの事業者について解説します。

A型決済事業者とは?

消費者向けにキャッシュレス決済の手段を提供する企業で、キャッシュレス決済のポイント還元は、この事業者がポイントを発行します。

B型決済事業者とは?

B型決済事業者「キャッシュレス加盟店支援事業者」とされており、店舗向けにキャッシュレス決済端末やサービスを提供するなど、加盟店を支援する企業です。

具体的には、複数のキャッシュレス決済サービスを利用可能にするAirペイを提供するリクルートライフスタイルや、モバイル端末を使ってクレジットカード決済を可能にするSquareなどが当たります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今後、政府のキャッシュレス・ビジョンなどによりキャッシュレス決済は加速していくことが予想されます。今後も新しい決済サービスが登場し、キャッシュレス決済がより消費者の身近なものになっていくことでしょう。

この機会に、ユーザーとしても事業主としてもキャッシュレス決済の活用を検討してみてはいかがでしょうか。