【保存版】在宅ワークはどんな働き方?内職との違いや種類や人気業務まとめ

近年、政府の働き方改革の推進もあって、多様な働き方が注目されています。

総務省及び経済産業省では、関係府省・団体と連携し、2020年までの毎年、東京オリンピックの開会式が予定されている7月24日を「テレワーク・デイ」とし、企業等による全国一斉のテレワーク実施を呼びかける取り組みを行っています。その流れを受け、オフィスワークの枠に捉われない在宅ワークがいっそう注目を集めています。

これまで在宅ワークは、主婦が多い印象でしたが、近年は、主婦に限らず副業としても在宅ワークを始める人も増えています。

今回は、在宅ワークはどんな働き方?内職との違いや種類や人気業務について解説します。

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、その名のとおり自宅で仕事することをいいます。

その多くは、自宅で行う簡単な仕事をアルバイト的に行う内職的な意味合いで使われます。

また、最近では、クラウドソーシングを活用したフリーランスの働き方を指すこともあり、在宅ワークは自宅から離れにくくても、また高度な技能を持たなくても比較的始めやすいため、行政などが主催する在宅ワークの講習会も各地で徐々に増えてきています。

また女性の目線では、介護や育児との両立もしやすく、女性活躍推進や働き方改革の一環としても注目を集めています。これまで外出しての仕事が難しかった主婦または夫、子育て・介護中の人も従事できる仕事として人気を集めるようになりました。

毎日オフィスに出社して仕事をする会社員や、レストランなどでアルバイトをするスタイルとは違い、自分の家にいながら仕事をしてお金を稼げる業務全般を指すことが多いです。

かつて、在宅での仕事といえば、袋詰めやシール貼りといった内職がほとんどでしたが、インターネットの定着によって、自宅でパソコンを使った仕事も増え、さまざまな種類の仕事があります。

代表的な在宅ワークの種類

在宅ワークには、実際どのような仕事があるのでしょうか?

一般的には「データ入力」が知られていると思いますが、その他には次のような職種で働いている人も多いようです。

・ライティング
・音声起こし
・システム開発
・ウェブデザイン
・DTP

また、自宅でネイルアートやスクール、エステなどのサロンを営むといった、「パソコンを使った仕事」にとらわれない職種も増えているようです。

内職との違いは?

自宅で仕事をするのなら、内職と同じ意味と思う人も多いかと思います。

内職とは、「家内労働」と呼ばれるスタイルで、内職を斡旋する会社に登録した働く流れが一般的です。

内職は、「家内労働法」という法律で労働者は保護されており、内職を依頼する立場となる会社側に関する決まりも定められています。会社側は管轄の労働基準局に委託状況届を提出する事になっており、社内でも家内労働者別に帳簿を備え付けないといけないなどの決まりもあります。また、賃金についても、最低賃金が各地域ごとに設定されてるものに従うこととなります。

一方、在宅ワークには、法律がありません。しかし、代わりに「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」といった規定があります。これは、主に発注者との契約条件について触れた内容となっており、契約条件の文書明示や報酬支払いについてなどが記されています。

また、在宅ワークと内職では、支払われるお金の扱いについても大きく異なります。

まず、支払われるお金の呼び方からそれぞれ異なり、在宅ワークの場合には「報酬」、内職の場合には「工賃」となっています。在宅ワークの場合は、依頼者が求める成果物を納品し、取引が完了したら依頼者へ請求書を発行する方法が一般的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

在宅ワーカーは、自宅をオフィスとして仕事をするフリーランスや個人事業主が多いようです。在宅ワーカーは増加傾向にあり、今後も注目され続けるワークスタイルになるでしょう。

在宅や社外で働くのは、在宅ワーカーだけでなくリモートワーカーのように、企業に雇われた正社員として在宅ワークをしていることもありますし、場合によっては、経営者自身を含めたすべての企業スタッフが在宅ワーカーというケースもあります。

経営者や人事、働く側も多様化する働き方に合わせた仕事内容や雇用形態を意識して活用してみましょう。