【保存版】リモートワークとは何か?働き方の特徴やメリット・デメリットまとめ

働き方改革の推進で、よく耳にするようになった「リモートワーク」という働き方。

リモートワークは、時間を有効に使える、満員電車に乗らなくていいなどメリットがあります。しかし、一方で、リモートワークで仕事に支障は出ないのか、社内の人とうまくコミュニケーションはとれるのかなど不安に思う人も多いのも実情です。

今回は、リモートワークとは何か?働き方の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

リモートワークとは

リモートワークとは、会社に出社せず自宅やコワーキングスペースなどの自由な場所で仕事をする働き方のことを指します。

リモートワークとは、インターネットを活用して会社の外である自宅やカフェなどで働くことを意味しており、簡単に言うとオフィス外でも仕事ができる職種の働き方です。特にエンジニアやデザイナーなど、主に専門的な技能をもつスペシャリストが活用する働き方です。

企業にとっても生産性の向上につながり、人件費などのコスト削減効果も見込まれます。さらに優秀な人材の確保・流出防止にも効果的とされるため、裁量労働制や年俸制と共に、企業の制度として導入されることも少しずつ増えていくでしょう。

リモートワーク制度を取り入れている企業は、年俸制(年収を12〜14ヶ月に割って毎月支給+ボーナス)や裁量労働制を取り入れているところが多いのが特徴です。

自分のペースで自由に仕事を進めることができ、プライベートな時間を増やすことも可能であるため、ワークライフバランスを重視した働き方が狩野です。しかし、効率よく働くことが要求されるため、高度なスキルをもつ職種が対象である事が一般的です。

近年の働き方改革の推進により注目されており、この制度を導入する企業も徐々に増えています。

リモートワークのメリット

リモートワークのメリットは以下のようなものがあります。

生産性が向上する

会社から距離を置くことは、同僚との世間話や、不必要な会議、夜の接待などからも遠ざかることになり、必要な業務に集中して取り組むことができ、1日の業務生産性が向上します。

コストの削減

会社に必要な人員のほとんどがリモートワーク社員となれば、それまでにかかっていた机やイス、キャビネットから、交通費などさまざまな固定費部分が削減できます。特にオフィススペースに関わる家賃や土地代は多くの削減が見込まれます。

通勤時間の減少

場所にとらわれず働く事で、通勤時間の減少が見込めます。通期時間の長さは、ストレスの増加、体重の増加、孤独感の醸成など、メンタルヘルスに対しての関連性が多く指摘されています。こうした従業員のストレス要因がリモートワークによって低減されます。それにより、自分の時間が増えることになり、趣味に費やす時間や、家族と過ごす時間が増えるなどの効果が見込まれます。

連帯感が強化される

近年、リモートワークを支援するさまざまなソフトウェアやツールによってリモートワークを支援する環境は整ってきています。それらのツールを上手く活用すれば、より連帯感は強化されることもあります。しかし、情報共有の基本はクラウドを利用したチャットツールなどの文字の情報であるため、社内の状況や雰囲気を判断しにくいデメリットがあります。

優秀な人材を採用できる

新たに人材を採用しようとする場合、決まったオフィスへの勤務が必須となると、物理的に通勤が可能である人材を確保する方法しかありません。しかし、リモートワークを活用する事で、日本国内どこでも、場合によっては世界中に対して募集を行うことができ、優秀な人材を確保できる可能性が高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少子高齢化、労働力不足など社会構造も急速に変化する中で、リモートワークは注目されています。リモートワークは、すでに多くの企業で導入されていることに加え、数多くの支援ツールやサービスが提供されています。

リモートワークの採用を検討している会社は、実際にリモートワークを採用したい企業は、そのメリットを十分に検討して導入を進めましょう。