フリーアドレスとは?オフィスのフリーアドレスメリット・デメリットまとめ

近年、オフィスでの『フリーアドレス』がトレンドになっています。

フリーアドレスとは、従来のオフィスと異なり社員が個々の自席を持たず自由に働く席を選択できるオフィススタイルを指します。一人一台デスクが与えられる形ではなく、空いている席や自由な場所で働くことができるのです。それがフリーアドレスです。

今回は、フリーアドレスとは?オフィスのフリーアドレスメリット・デメリットについて解説します。

フリーアドレスとは?

フリーアドレスとは、従来のオフィスと異なり社員が個々の自席を持たず自由に働く席を選択できるオフィススタイルを指します。

フリーアドレスとは、従来のように社員それぞれが持つ個人専用のデスクはなく、フロアに長机と椅子が設置されているところに、自由に着席場所を選んで仕事をするスタイルです。ソファなどがあるスペースが用意されていることもあり、まるで一つのカフェのようなイメージです。

このフリーアドレスは、ノートPCと無線LAN、もしくはタブレット端末やスマートフォンなどを使用したモバイルワークをメインとした職場で使用されています。ノートPCを社員に貸与したり、すべてのフロアにWi-Fiを導入したりして、より仕事をしやすくしているオフィスもあります。

オフィスのフリーアドレスのメリット

以下、フリーアドレスのメリットです。

社内コミュニケーションの活性化

フリーアドレスであることは、いつでもどこでも他部署の人と関わる機会に溢れる為、組織の縦の壁がなくなり横に繋がりやすくなります。周囲のメンバーとの距離が近くなったり、随時変わったりすることから、部署や部門、立場を越えた交流が可能になります。

スペースコストの削減

個人のデスクをすべてそろえると、荷物置き場などを含めて、一人当たりのスペースがより多く必要になります。その点、フリーアドレスは基本的に私物を放置しないため、一人当たりのスペースを減らすことができます。結果、スペースコストの削減につながることもあります。

アイデア創出の取り組み

毎日周りのメンバーが変わることは、コミュニケーションを円滑にするだけでなく、仕事に新鮮味をもたらす効果もあります。もちろん、決まったメンバー、チームとのやりとりも必要ではありますが、たまには違うチームのメンバーと交流することで、何か新しいアイデアや気づきが得られるかもしれません。

自由な就業スタイルに

マイデスク制でいつも決められた席に座り、限られた行動範囲の中で仕事をするよりも、自ら積極的に動いて、随時、自由に必要なコミュニケーションを取りに行く仕事スタイルは、その行動面から、社員の積極性が身に付くことも期待できます。

整理されたオフィス環境に

自分のデスクを持つと荷物や書類などの私物を放置することになるため、人によっては乱雑になりがちです。整理整頓された、見栄えの良いオフィスは、フリーアドレスのほうが実現されやすいでしょう。

オフィスのフリーアドレスのデメリット

以下、フリーアドレスのデメリットです。

フリーアドレスの席が固定化される

社員が本当の意味でフリーアドレスのメリットを感じていないと、フリーアドレスでありながら、結局は自分の席が固定されてしまい、同じメンバー同士で固まってしまうこともあります。

部署や部署内のコミュニケーションの希薄化

フリーアドレスでは、部署を越えた社内コミュニケーションの可能性が広がります。しかし、フリーアドレスで自由に働く場所を選べるがゆえに、集団意識が希薄となり「組織への所属意識の低下」へ繋がることも懸念されます。

場合によっては集中できない

プロジェクトの内容やその時の作業内容、そして個々のパーソナリティによっては、あまりにもオープンすぎる空間や、他者との距離が近すぎることで、作業への集中の妨げになることがあります。集中エリアなどメリハリあるスペースづくりが大事です。

環境づくりが必要

モバイルワークによって生産性を上げ、成果を出すためのしくみづくりが必要になります。例えば、グループウェア、チャットツール、クラウド環境の導入など、内側のしくみづくりがあります。しかし、この構築には、コストと時間を要します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フリーアドレスは、組織間の情報共有のスピードがアップし、チームとしての一体感を保つことができるワークスタイルです。多くの企業スタイルにマッチする万能な働き方ですので、この機会に組織に合った働き方について見つめ直してみてはいかがでしょうか。