【保存版】複数の助成金や補助金の併用は可能なの?助成金・補助金の併用について

創業には多くの資金が必要となりますが、そこで活用を検討したいのが助成金です。

助成金や補助金は、年間で7000種類以上発表されています。それだけ種類があると、複数の助成金や補助金の併用ができるのか気になるところです。

出来る限りたくさん活用したいけれど、助成金や補助金の併用は可能なのか?気になる方も多いかと思います。

今回は、複数の助成金や補助金の併用は可能なの?助成金・補助金の併用について解説します。

助成金・補助金の併用は可能?

最初に結論から言うと、併用可能なケースと、併用できないケースがあります。また、助成金と補助金でその扱いも変わります。

助成金と補助金の違いについては以下記事を参照ください。

【詳細解説】助成金・補助金とは?違いや一覧・検索方法まとめ

同じ企業ばかりが補助金・助成金の採択を受けることを防ぐ目的で、基本的に併用不可能なものが多いのが実情です。同じ企業が申請する補助金でも、事業内容が異なれば併用できるものもあります。また、所轄の省庁が異なれば併用できるものもあります。

併用が可能かどうかは、補助金・助成金制度ごとに異なります。「あとになって補助金・助成金がもらえない!!」という事態になってからでは遅いので、詳細については、公募要領をくわしく確認することや、実施機関の担当者に確認しましょう。

複数の補助金の併用について

事業の目的や管轄により、併用が認められているものもあります。

補助金の多くは対象となる事業について経費が補助されるものが多くありますが、原則は、対象事業について活用できる補助金はひとつです。しかし、同じ企業が異なる事業で補助金を申請する事や、過去補助金を受けた事業をさらに発展させる為に、継続的に補助金を受けるケースなどは、併用が認められているケースも多いです。

また、補助金の申請書には、過去に採択を受けた補助金や助成金を記入する欄がある申請書もありますので、採択を受けた補助金がどのようなものかを申告する必要があります。

例えば最近人気のIT補助金の要件では、併用について補助対象となる事業内容(サービス・ソフトウエア、経費等)が 重複しない場合は申請いただけますと明記されています。

複数の補助金を併用できるかどうかは、補助金の募集要領に記載がある場合もあり、無い場合についても実施機関に問い合わせるなど念のため確認をとることをお勧めします。

助成金の併用について

助成金は、目的に応じて複数の組み合わせが可能です。

例えば、厚生労働省の雇用関係助成金では、平成28年から、「トライアル雇用」と「特定求職者雇用開発」併用が認められました。

また、目的の違う助成金の組み合わせの場合や、窓口が違う場合には、規制がない場合もあり、希望する助成金の要件を良く確かめておく必要があります。

それぞれを併用して申請する場合に重要なのは、その順序です。例えば、今年新設された人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)は、時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)を受けた事業主しか申請できません。

また、キャリアアップ助成金の正社員化コースを活用した後に、トライアル雇用助成金など、採用プロセスと逆行する申請ももちろん不可となりますので、どのタイミングで何が使えるかをしっかりと理解しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在、助成金や補助金の申請を検討しているしている事業所の方は、別の助成金も併給できるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。