「令和元年」と「令和1年」どっち?新元号の日付の正しい書き方まとめ

2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、5月1日から新しい時代が始まりました。

「令和」の出典は中国の漢籍ではなく、初めて日本の「国書」万葉集の「梅花(うめのはな)の歌」の序文(三十二首)からとった2文字で「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」の想いが込められているそうです。

改元に伴い、未だ「平成」表記の書類についてどう取り扱うか、判断に迷われる方も多いのではないかと思います。

企業の新元号の対応については以下を参照ください。

新しい元号「令和」の変更に関わる申請書等の取扱いや人事・給与計算の対応まとめ

政府は、2019年3月14日の改元に向けた関係省庁連絡会議で、年金、雇用保険、納税等の改元に伴う作業を2019年5月7日までに終え、国民生活に影響は出ない見通しになったと確認しました。さらに4月2日、行政手続文書に改元日以降の年号が「平成」と書かれていても有効として受理することを閣議決定しました。

今回は、「令和元年」と「令和1年」どっち?新元号の日付の正しい書き方について解説します。

「令和元年」と「令和1年」どっち?

年の始まりを元日、元旦というように、新しい元号になった年は「元年」となります。

令和元年は2019年5月1日(水)~12月31日(火)

今回は、平成の天皇陛下が生前退位されるため、皇太子さまの新天皇即位に伴い、政府が、新年号の公表時期を1か月前に行いました。令和天皇陛下が、平成天皇陛下のように生前退位される、または、崩御されるまで「令和」が続きます。

併せて、政府から以下のような発表がありました。

国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令和元年度予算」と表示するものとする。

出典:元号を改める政令等について

また、2019年1月1日から4月30日までは平成31年となり、2020年1月1日からは令和2年となります。

また、システムの関係やアルファベットの頭文字で元号を表記する場合は「1年」を使います。その際、元号をアルファベット1文字で略すことがありますが表記は「REIWA」の頭文字で「R」となります。

また、2019年5月1日以降も、「平成」表記の申請書は有効です。2019年5月1日以降、「平成」の元号のままで申請書を作成・提出したとしても、これらは原則として受け付けられます。また、すでに発行済みの「平成」表記の納付書等に関しても有効になります。

しかし、旧様式を用いる場合には可能な限り「平成」を「令和」に補正の上、申請書を提出するよう推奨されています。その際、訂正印は不要です

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「令和」の文字を書いた人は茂住修身(もずみおさみ)という人物だそうです。役所などの公的書類には規約として西暦ではなく和暦を使用する事となっています。「令和1年」ではなく「令和元年」と書きましょう。