インバウンド需要の獲得を支援!JTBの「クールジャパンプロデュース支援事業」

「インバウンド」という言葉、皆さんはご存じですか?

「インバウンド」(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。 日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行と言います。このインバウンド需要を獲得する取り組みに対して支援する制度が、JTBの「クールジャパンプロデュース支援事業」です。

採択された事業者等には、「市場調査、商材開発・改良、PR活動、流通」を一貫してプロデュースする取組みを行う事業に係る経費を補助するとともに、アドバイスの提供やネットワークの構築の支援が受けられます。インバウンド需要の獲得を進めている事業者は必見です。

本事業は、経済産業省からの補助を受け、株式会社JTBを幹事法人とするクールジャパンプロデュース支援事業実施コンソーシアムが運営するものです。

今回は、インバウンド需要の獲得を支援!JTBの「クールジャパンプロデュース支援事業」について紹介します。

クールジャパンプロデュース支援事業とは?

我が国の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材やサービスを有する地域の地域商社等が、地域のブランディングを行う際に海外のライフスタイルやニーズ等に詳しい外部人材を活用し、インバウンド需要の獲得を行う取り組みを募集いたします。採択された事業者等には、「市場調査、商材開発・改良、PR活動、流通」を一貫してプロデュースする取組みを行う事業に係る経費を補助するとともに、アドバイスの提供やネットワークの構築を支援します。

応募資格

  • (コンソーシアム型)4社以上の地域の中小企業等をまとめることができる、地域商社や商工団体等であること。
    (組合型)地域の中小企業等が4社以上加盟している産地組合等(組合である必要はありません)であること。
    その場合、代表団体を1社決めてください。
  • 日本に拠点を有していること。
  • 外部人材を活用し、インバウンド需要の獲得を目指して、
    我が国の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材やサービスを取扱う中小企業や団体等であること。
  • 事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤、組織、人員等を有し、
    かつ資金等について十分な管理能力を有していること。

補助上限

1件あたりのプロジェクトに一律の上限は設けませんが、補助金額3000万円の範囲内で目標件数を採択することを目指し、適正規模のプロジェクトを採択することとします。尚、補助の下限額を200万円とします。
尚、最終的な実施内容、交付決定額については、事務局及び経済産業省と調整した上で決定することとします。調整の結果、応募額を減額することを条件として採択となる場合もあることをご了承ください。

補助率・採択件数

補助対象経費の1/2とします。
事業規模3~5件程度を採択することとします。

説明会

応募希望者向けの説明会を開催します。
事業の詳細を知りたい方は、是非ご参加ください。

・福岡会場 5月17日(金)14:00~16:00 @ 九州経済産業局
・大宮会場 5月20日(月)14:00~16:00 @ 関東経済産業局
・名古屋会場 5月21日(火)14:00~16:00 @ 中部経済産業局
・大阪会場 5月22日(水)14:00~16:00 @ 近畿経済産業局
・仙台会場 5月23日(木) 14:00~16:00 @ 東北経済産業局

※ 各会場にて、説明会後半に、個別相談会を開催いたします。ご希望の方は、応募フォームの個別相談会欄にチェックを入れてください。ただし、個別相談会枠に限りがございますので、ご了承ください。

公募期間

2019年5月7日〜6月7日まで

事業実施期間

交付決定日~原則令和2年2月28日まで

応募方法

応募方法の詳細は以下をご覧下さい。

https://brandlandjapan.com/public_offering/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

JTBの「クールジャパンプロデュース支援事業」は、2019年5月7日〜6月7日までが募集期間です。

日本のインバウンド観光は、2011年から2015年にかけて年間33%成長し、これは世界でも最速の成長率です。さらに2020年のオリンピック・パラリンピックを控えて、その成長は加速していくでしょう。

このような日本へのインバウンドの増加が、日本経済に大きな影響を与えています。インバウンド観光がもたらす成長機会を、商店街の活性化に繋げられる事業プランをお持ちの方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。