フランチャイズ契約と代理店契約の違いとは?メリット・デメリットの違いまとめ

独立や開業の際に、代理店とフランチャイズに加盟して経営する場合があります。

フランチャイズや代理店という言葉は聞いたことがあっても 実際のところその違いを明確にわかっている人というのはそこまで多くないでしょうか。

今回は、フランチャイズ契約と代理店契約の違いとは?メリット・デメリットの違いについて解説します。

代理店とは?

代理店とは、商品の販売を本社からの委託契約によって請け負う営業形態のことを指します。

代理店は、物品やサービスを提供してくれる企業などに代わり、販売・取引を行いますが、商品やサービスを販売したときに得る手数料が、代理店の利益になります。代理店は商品やサービスを提供する企業に代わって営業を行います。

保険会社や旅行会社を始め、さまざまな業種の企業が代理店方式をとっています。代理店は既存のクライアントがいれば良いですが、起業したてなどクライアントがいない場合は新規でテレアポやネットを駆使して営業する必要があります。このことから代理店は、既存のクライアントがいる場合や、ある程度販売や営業力を駆使し販売を行う手法です。

また、代理店は、商品の販売だけをするのではありません。大抵の場合、契約上は代理店とクライアントの間で交わしますので商品のアフターサービスまでしっかり行わなくてはいけないのです。

複数商材の組み合わせ販売など自由に経営ができる一方で、販売方法などは契約によらないので自由に行うメリットもあります。フランチャイズの場合は店の外観、他商品との組み合わせ販売禁止など色々縛りがあり自由に経営がしにくくのに対して代理店は自由度が高く、場合によって、代理店を自宅にすることもできますし複数の商品など組み合わせて販売することができます。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、あるブランドが、加盟店と契約を結び、加盟店はそのブランドのサービスや商品を使って営業する代わりに、ブランドにロイヤリティを払う方式のことです。

ブランド側は、自社の商品やサービスを、支店がないエリアに持つことができ、一方加盟店は、ブランドの知名度やサービスを利用してお店を持つことができるため、双方にメリットがあります。

このフランチャイズ方式であれば、経営のノウハウや実績がない人でも、すぐにお店を持つことができます。

フランチャイズについての詳細は、以下を参照ください。

【保存版】フランチャイズとは?代理店契約のとの違いやメリット、デメリットまとめ

フランチャイズと代理店の違い

フランチャイズも代理店も、企業と契約を結び、その企業の商品やサービスを販売するという点においては同じと言えます。しかし、契約を結んだ企業から仕入れるもの、提供されるものに大きな違いがあります。

代理店の場合は、契約企業から受けるのは販売する商品やサービスだけであるのに対し、フランチャイズの場合は、契約企業から受けるのは商品やサービスのみならず、売り方や経営の仕方、企業独自の成功術などのノウハウなども提供されます。

フランチャイズと代理店は、情報提供や経営方法の制限の有無にも違いがあるといえます。

フランチャイズ加盟店が本部に支払うロイヤリティは、売り上げの数%にもなります。数%程度か、という声も聞こえてきそうですが、売上からの拠出です。売上からは人件費や光熱費など収益を大きく圧迫するものが含まれていますから、手元に残るお金はわずかとなるでしょう。ですから、ロイヤリティというのは、お店の利益をかなり圧迫するものなのです。

一方で代理店にはこのロイヤリティの支払いは一切ありません。本部のブランドを利用した売りやすさを求めるのがフランチャイズ。一から自分で開拓して商品を販売していくのが代理店です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

起業する際、もし代理店かフランチャイズで起業のどちらかで迷っているようでしたら、初期費用やロイヤリティがかからない、代理店から始めるの良いでしょう。代理店としてある程度の経営経験を積んで、フランチャイズを考える方法など、みなさんの状況に併せて適切な方法をけんとうしてみてはいかがでしょうか。