電子契約とは何か?ペーパーレスや節税に貢献するクラウド契約サービスまとめ

インターネット環境やテクノロジーの進歩により、「紙と印鑑」の契約から電子契約による契約締結へ移行する企業が増えています。

これまで紙面での契約を行ってきた企業からすると電子契約の導入ハードルは高いですが、電子契約サービスを活用することで、印紙税が課税されなくなったり、契約時間の短縮などメリットがあります。

また、これらの電子契約には、様々な企業が、電子契約サービスを提供しています。

今回は、電子契約とは何か?ペーパーレスや節税に貢献するクラウド契約サービスについて解説します。

電子契約とは?

電子契約(でんしけいやく)とは、契約のなかで、合意成立の手段として、インターネットや専用回線などの通信回線による情報交換を用い、かつ合意成立の証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを利用するものをいう。

2000年以降、日本では、「電子署名法」や「電子帳簿保存法」などの法的環境の整備、電子署名・タイムスタンプなどの技術的環境の整備、さらには印紙税削減などを求める企業ニーズを背景に、主に企業間(BtoB)取引の手段として近年急速に普及が進みました。

電子契約では、契約書をインターネット上で取り交わし、電子データに電子署名することで、書面での契約と同等の証拠書類として保管することができます。

この電子契約でポイントとなるのが「電子署名」と「タイムスタンプ」です。

電子署名とは?

電子署名(でんししょめい)とは、電磁的記録(電子文書)に付与する、電子的な徴証であり、紙文書における印章やサイン(署名)に相当する役割を果たします。従来の契約書における「押印または署名」に置き換えられるものであり「電子署名法」により、押印または署名と同等の法的効力を持つと定められています。

タイムスタンプとは?

タイムスタンプとは、電子契約等の電子データの「存在証明」と「非改ざん証明」のための技術的な仕組みです。「契約書の署名」がいつ行われたかがわかるように、電子署名が行われた正確な時間である「タイムスタンプ」を同時に埋め込む必要があります。

電子契約のツール3選

次に、電子契約の導入におすすめのツールを厳選して紹介します。

Cloudsign(クラウドサイン)

https://www.cloudsign.jp/

無料で契約締結ができるウェブ完結型のクラウド契約 CloudSign(クラウドサイン)。契約書の保管・管理にも利用可。契約書だけでなく、発注書・請書・納品書・検収書・請求書・領収書など、さまざまな対外的なやりとりにご利用いただけます。

Cloudstamp(クラウドスランプ)

https://www.cloudstamp.jp/

クラウドスタンプは契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービスです。徹底した導入時サポートでお客様の課題(コスト削減・ワークフローの短縮・ペーパレス・コンプライアンス強化など)をご相談ください。

Holmes

Holmesは、契約書の作成、締結、管理など、契約書にまつわる業務の全てをスムーズに解決する契約に特化したデジタルプラットフォームです。各社毎に異なる契約オペレーションの課題を全て解決いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

電子契約サービスは、従来の紙面での契約に比べて、コスト削減やスムーズな契約締結などのメリットがあります。

しかし、電子契約サービスを自社で導入できたとしても、契約を受ける側の理解も必要です。相手が合意し、契約は初めて締結されますので、相手に合わせなければならないケースも少なくありません。

また、電子契約サービスは、いくつかのプランが用意されているので、自社の業種や多用する契約に適した電子契約サービスかをしっかりと確認した上で、導入を検討しましょう。