【保存版】人事担当者が知っておきたい、給与計算の毎月・年間スケジュールまとめ

毎月、決まった支払日にミスなく従業員に給与を支払う給与計算業務。

従業員を採用すると、毎月の給与計算を行う業務が発生します。その他にも年間を通して行わなければならない業務があります。これらに遅延やミスは許されません。そのため、給与計算を担当している方は、毎月と年間を通した給与計算業務のスケジュールをしっかりと確認しておきましょう。

今回は、【保存版】人事担当者が知っておきたい、給与計算の毎月・年間スケジュールについて解説します。

給与計算の毎月のスケッジュール

まずは、毎月のスケジュールを確認しましょう。

毎月の給与計算の業務は、締め日と支払日によってスケジューリングされます。

締め日と支払日については、以下記事を参照ください。

給与の締め日・支払日はいつがいい?締め日と支払日を決めるポイントまとめ

例えば、締日が毎月15日、支給日が25日の会社の場合は以下になります。

15日(締日)まで 人事異動・昇降給・扶養家族増減・氏名、振込先変更等
15日〜17日 勤怠(出退勤、遅早欠勤、休暇)の集計
18日〜20日 支給額・控除額の計算、管理資料・給与明細の出力
21日〜22日 給与振込の手配
25日 給与支給
月末 社会保険料の納付
翌月10日 源泉所得税、住民税の納付

給与締日と支払日が近ければ近いほど、給与業務のスケジュールが短くなるため、10日ほど空けておくと余裕のあるスケジューリングができるでしょう。勤怠の集計はなるべく早く行いましょう。

1年のスケジュール

次に、年間のスケジュールを確認してみましょう。

1月 法定調書の提出・給与支払報告書の提出
3月 新規採用者、異動者の給与決定、4月に64歳以上となる者を把握(雇用保険料免除)
4月 新卒社員・異動社員の給与設定、健保・介護保険料率の変更反映
5月 4月入社社員の社保料控除開始・労働保険の年度更新準備
6月 住民税の改定、賞与の計算(6月賞与支給の会社の場合)
7月 健康保険と厚生年金の決定、労働保険の年度更新
8月 4月昇給による随時改定者の社会保険料改定
9月 厚生年金保険料率の変更(厚生年金の料率が変わります)
10月 7月に算定基礎届を提出した者の社会保険料改定
11月 年末調整準備(社内へ案内、必要書類の配布)
12月 賞与支給・年末調整実施

忙しいときは、ミスが生じやすいので、出来る限り前倒しで業務を進めるのがポイントです。そのためにも一年間の流れをしっかりおさえることで手続きの漏れ防止や、繁忙期への準備を進めるすることができるでしょう。

また、これらの給与計算業務は、アウトソーシングすることも可能です。

給与計算業務のアウトソーシングについては以下、記事を参照ください。

【保存版】給与計算代行のアウトソーシングのメリット・デメリットと相場まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

給与業務に加え社会保険手続き業務もあるので、担当者としては準備不足でスケジュールに追われないようにしっかりと予定を確認しておきましょう。

また、それぞれの準備やどのような段取りで進めていくかをあらかじめ決めておくことによりスムーズに対応できるかと思います。