【予算2,286億円】研究費の助成に!科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)

本年も、日本学術振興会より、科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の公募が発表となりました。

研究費獲得の必要がある研究機関や研究者はぜひチェックしましょう。

また、当メディアの科研費についての記事も参照ください。

【科学研究費補助金の獲得】科研費獲得に活用できる助成金・補助金まとめ

今回は、【上限万円】研究費の助成に!科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)について紹介します。

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の概要

科学研究費助成事業(以下、「科研費」という。)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわ たり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させるこ とを目的とする「競争的資金」であり、ピアレビューにより、豊かな社会発展の基盤となる独創的・先駆的な 研究に対する助成を行うものです。

研究種目

研究内容や規模に応じて研究種目を設定しています。

公募期間

平成31年 4月1日(月)公募開始

5月31日(金) 午後4時30分 提出期限(厳守)

詳細については、以下公募要領を確認ください。

https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/04_kyoudoub/download.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

科研費の採択率は、25%〜30%弱しか採択されない非常に狭き門となっています。科研費は採択されるか、採択されないかで、研究計画やキャリアに大きな影響を与えるほど重要です。

申請書を作成するときに忘れてはいけない重要なことは、科研費は審査員相手に、審査員のために採択されやすい作成を心がける必要があります。論文のように大勢の人に読んでもらうためではなく、審査員のために書くものであることを忘れずに記入いただければと思います。