【2019年度最新版】2019年4月1日より公開!IT導入補助金の公募概要まとめ

2019年4月1日、IT導入補助金の公募概要が開始されました!

中小企業・小規模事業者等が、ITベンダー・サービス事業者(IT導入支援事業者)の登録したITツールのソフトウエア費、導入関連費が最大で450万円まで補助を受けて導入できます。

今回は、一次公募が、2019年5月17日、二次公募が7月中旬となっており、IT導入事業者の登録は、2019年4月15日からとなっています。早速、2019年度のIT導入補助金の概要についてチェックしましょう。

今回は、注目の2019年度のIT導入補助金の概要について解説します。

2019年のIT導入補助金の概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

補助対象者

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助対象経費

IT導入補助金は、日々業務が発生する経理等のルーティン業務を効率化させるITツールや、顧客等の情報を一元管理するようなクラウドシステム等の導入にご活用いただけます。

出典:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会
IT導入補助金の公式サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象です。

補助対象経費:ソフトウエア費、導入関連費

補助金の上限額・下限額・補助率

予算上限は、450万円、下限は40万円で補助率は1/2です。

事業スケジュールについて

出典:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

「事業実績報告」「事業実施効果報告」は、中小企業・小規模事業者等のみなさまに作成(入力)いただいた内容を元に、ITベンダー・サービス事業者により代理申請する形で実施されます。ITベンダー・サービス事業者より作成された申請・報告情報は、中小企業・小規模事業者等のみなさまの確認・承認手続きを経て、事務局への提出が完了します。

<詳細なスケジュール>

出典:一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

例年どおり、複数回の公募となりますが、一次公募が、2019年5月17日、二次公募が7月中旬となっており、IT導入事業者の登録は、2019年4月15日からとなっています。

2018年度と2019年度の変更点

2018年度と2019年度の変更点については以下を参照下さい。

【2019年度】IT導入補助金は、補助上限が450万円に拡大!2019年度変更点まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2019年度のIT導入補助金は、昨年の50万円から上限が450万円と大幅拡大しています。この機会を逃さないように、活用したいところですね。また、ITベンダーのみなさんは、2019年4月15日より事業者登録が始まりますので、しっかりと確認して進めましょう。