育休中に活用できる育児休業給付金とは?期間と支給日・申請方法まとめ

みなさんは、育児休業給付金という制度をご存知ですか?

働く女性の方は、出産において出産手当などの他、育児休業中にもらえる育児休業給付金があります。

会社で働いている人は、育休という制度がありますが、経営者や人事労務担当者は、従業員が休む期間はどれくらいなのか、育児休業給付金はどのくらい支給されるのかなど休んでいる間のことについてやこれらの届け出があった際にスムーズに手続きを支援できるよう心がけておく必要があります。優秀かつ戦略になる女性の従業員を守り、社外への流出を防ぐ為にもしっかりと知識を得ておきましょう。

今回は、育休中に活用できる育児休業給付金とは?期間と支給日・申請方法について解説いたします。

育児休業給付金とは?

育児休業給付金は、従業員が育児休業中に申請することでもらえる給付金です。

この制度は、満1歳未満の子供を育てるために育児休業制度を利用する人を対象として、休業開始前に支払われていた賃金の50%(最初の180日間は67%)が支給される制度です。また最近では、男性の取得も以前に比べると増えていますが、まだまだ低い水準と言えるでしょう。

育児休業給付金を受け取るには、要件や期間が決められています。

以下、その受給資格について解説します。

育児休業給付金の受給資格

ではどのような人が育児休業給付金を貰えるのでしょうか?

育児休業給付は、1歳又は1歳2か月未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に、休業開始前の2年間に賃金支払基礎日数11日以上ある完全月(過去に基本手当の受給資格や高年齢受給資格の決定を受けたことがある方については、その後のものに限ります。)が12か月以上あれば、受給資格の確認を受けることができます。

以下、条件については、以下となります。

育児休業給付金を貰える人の条件

  • 雇用保険に加入している
  • 育休中、休業開始前の給料の8割以上の賃金を支払われていない
  • 育休前の2年間のうちで、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  • 就業している日数が各支給単位期間ごとに10日以下である

上記の条件を満たしていれば、正社員でなくパートや契約社員の方でも受給の対象になります。

ひとつ目の条件に「雇用保険」という文言があるため、自営業の方や専業主婦の方は支給対象外となります。また、妊娠中に退職してしまったり、育休終了時には退職する予定が決まって居る方は、対象外となるので注意しましょう。

育児休業給付金はいくらもらえるの?

育児休業給付金は、育休開始日から180日目までは月給の67%が支給、181日目〜育休最終日までは育児休業が50%が支給されます。

育児休業給付金の支給額は、支給対象期間(1か月)当たり、原則として休業開始時賃金日額×支給日数の67%(育児休業の開始から6か月経過後は50%)相当額となっています。月給の上限は426,300円、下限は69,000円となります。

給付金の申請は、育休が開始してから2ヶ月たってから会社を通して行うことが多く、それ以降は、2ヶ月ごとに申請します。そのため、給付金を実際に受け取るのは、育休開始から3ヶ月~とタイムラグがあるので、注意しましょう。

また、育児休業給付金がもらえる期間は、お子さんの1歳の誕生日の前日まとなっていますが、以下の条件を満たすと期間を延長することができます。

支給額の計算方法

以下が支給額の計算方法となります。

支給額の計算

 

労働者の育児休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日)の67%(子供が生まれて6ヶ月経過後は50%)

育児休業開始時賃金日額とは、事業主の提出する「休業開始時賃金月額証明書」にある金額の休業開始前の6か月の賃金を180(6ヶ月×30日)で割った金額が育児休業開始時賃金日額として算出されます。その日額と育児休業を取った日数をかけて67%にした金額が1ヶ月あたりの育児休業給付金の金額となります。

<直近6ヶ月が月平均20万円の例>

20万 × 0.67=13万4000円(6カ月経過後は20万 × 0.5=10万円)

育児休業給付金の手続き方法は?

育児休業給付金の手続き方法はどのようにするのでしょうか?

育児休業給付金の手続きは、基本的に勤務先の会社が行います。従業員の方は、産休予定などをあらかじめ会社に伝えておきスムーズに会社が申請できるようにしておきましょう。また、その際会社には、「育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付受給資格確認票」を産休の1ヶ月前までに提出する必要があります。また、受給の手続きは2ヶ月ごとに追加の申請が必要になります。

手続き方法も会社と相談し、自分で行うか会社で行うか把握し、会社の人事・労務担当者はスムーズに手続きを進めておきましょう。申請する際は事業所の管轄するハローワークに提出します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

育児休業給付金制度は、育休中の心強い制度です。上記の育児休業給付金の受給資格を満たしているか、しっかりと内容を確認して、育児休業給付金を活用しましょう。

また、経営者や人事労務担当者は、従業員が休む期間はどれくらいなのか、育児休業給付金はどのくらい支給されるのかなど休んでいる間のことについてやこれらの届け出があった際にスムーズに手続きを支援できるようしっかりと知識を得ておきましょう。