【上限300万円】中小企業の新技術、新製品等の研究開発に「研究開発助成金」まとめ

創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業・個人事業主は必見です。

三菱UFJ技術育成財団の「研究開発助成金」は、優れた新技術・新製品等を自ら開発・事業化にあたり、研究開発のために必要な調査研究費、設計費、設備費、試験費、試作費等を補助する補助金です。

また、三菱UFJ技術育成財団では、研究開発助成金交付に加えて、創業以降の成長ステージに対応する形で株主となることにより、長期的に支援する株式保有事業も行っています。気になる方はそちらもご覧下さい。

今回は、三菱UFJ技術育成財団による、「研究開発助成金」について紹介します。

研究開発助成金事業とは?

応募資格者

原則として設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業 (大企業や上場企業の子会社・関連会社を除く)または個人事業者で、優れた新技術・新製品等を自ら開発し、事業化しようとする具体的計画を持っている者。

助成対象プロジェクト

現在の技術から見て新規性があるもので、以下のいずれかに該当し、原則として2年以内に事業化の可能性があるもの(他の助成金制度との併願も可能)。

① 産業経済の健全な発展と国民生活の向上に資すると認められる新技術・新製品及び関連する設備・部品・原材料等の開発に関するもの。

 

② ①に準ずるもの。

助成金の使途

研究開発のために必要な調査研究費、設計費、設備費、試験費、試作費等

助成金の金額

1プロジェクトにつき300万円以内 かつ 研究開発対象費用の2分の1以下

助成金を受ける者の義務

プロジェクトの進捗状況や助成金の費消状況の定期報告等をお願いします(詳細は応募要項をご覧下さい)。

応募期間・応募方法等

応募期間 交付先決定 助成金交付
第1回目 2019年4月20日~5月20日 2019年9月 2019年9月
第2回目 2019年9月20日~10月20日 2020年2月 2020年2月

詳細については、応募要項をご覧下さい。

http://www.mutech.or.jp/subsidy/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三菱UFJ技術育成財団の「研究開発助成金」は、新技術・新製品等の開発・事業化においては活用しやすい補助金です。また、公募も年2回あるため、みなさんの事業の状況をふまえてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。