【保存版】士業の独立の開業資金がいくら必要?必要経費と内訳まとめ

士業の独立は、飲食店や他の独立開業に比べて、低予算でできると言われています。実際、どの程度の開業資金を用意して独立すれば良いのでしょうか?

ざっくり言えば、100万前後で独立は可能ですが、究極に抑えるなら、30万程度でも独立開業はできてしまいます。逆に、広い事務所を構えるケースでは数千万円いくこともあります。

では、開業資金のその差はなんでしょうか?また、開業時に揃えなければならないモノをピックアップしてまとめました。

今回は、【保存版】士業の独立の開業資金がいくら必要?必要経費と内訳について解説します。

士業の開業資金にはいくら必要?

「開業さえしたら資金は不必要」なのではなく、開業後もお金は必要になります。そこでスムーズな開業と、その後の事業展開において資金不足で困らないために、必要な資金を確保しておくことがとても重要になるのです。

開業必要な資金は、「開業資金」+開業後にビジネスを動かすための「運転資金」

では、士業の開業にはどのような資金がかかってくるでしょうか?

経費として占めるもので金額が大きいのは、事務所経費です。
例えば、自宅なのか、賃貸事務所か、シェアオフィスかなどで必要な資金は変わります。

また、事務所以外にも、開業時に準備しておきたいものとして、以下があります。

名刺や開業挨拶状

事務所の看板(事務所の表札など)

事務所備品(プリンター、パソコン、印鑑、机、応接セット、キャビネットなど)

ホームページ(プロに依頼するか、自分で作るか)

パンフレット

これらも、こだわりによっては値段もピンキリです。例えば、名刺やHPなどプロの業者に依頼するか、自分ですべて手作りしてしまうかで、金額に差が出てきます。また、事務所の備品も高級なものを揃えれば、それだけ予算は上がります。

費用を押さえる事は可能ですが、士業は「信用」がブランディングに大きく影響します。そのため、「信用」を失わない程度の体裁は保つ必要があります。

では次に、主にかかる費用について解説します。

事務所費用

事務所については、自宅か賃貸・シェアオフィスなどでかかる費用に大きく差が出ます。

ただし、自宅の場合、「商談をどこでするのか」「住所の公開をどうするか」などの問題も発生します。信用面で言えば、自宅よりも賃貸で事務所を構えた方が良いでしょう。

以下、事務所取得にかかる費用です。

保証金(敷金) 平均して賃料の10ヶ月分が相場です。(6~12ヶ月分の間が多い)。退去時には返ってくるお金ですが、通常は償却額が設定されており、それを差し引いた金額が退去後に返金されます。契約前によく確認しましょう。
礼金 主に関東地方の習慣で、契約時にオーナーに支払うお金です。返還されません。 賃料の0~2ヶ月分が相場です。
仲介手数料 不動産業者に支払う手数料です。賃料の1ヶ月分が相場です。
造作譲渡費 「居抜き」と言って、前の店舗の内装や設備をそのまま受け継ぐ場合は、前の借主にその譲渡代金を支払うことになります。金額は内装や什器の状態、経過年数などによって様々です。
前家賃 契約日からその翌月分までの賃料を最初に支払うのが一般的です。(契約月は日割計算)

光熱費・通信費・インターネット利用料

士業という職業柄、信用的な面から考えても、固定電話は設置した方が良いです。最近は、固定電話の変わりにIP電話を設置するところも増えてきているので、ケースバイケースで判断しましょう。

また、インターネットの回線工事や電話機代が初期費用としてかかってきます。その他、通信費として、インターネットの接続環境も必要です。

名刺や挨拶状

名刺や開業挨拶状は、できれば開業時に準備しておきたいものです。

印刷物は良い紙やデザインを外注すればコストは上がります。刷る枚数や選ぶ印刷所、納期によって、自作するよりも印刷所を通した方が安く済むこともありますので、ぜひ比較検討してみてください。最近は、プリントパックやラクスルなどの低価格で高品質な印刷サービスを活用すると良いでしょう。

事務備品

事務所備品は、パソコンや机などの以下の事務用品が該当する他、印鑑、封筒などの小物・消耗品も必要となってきます。

① 設備・備品:空調機器、机、椅子、文房具一式、書類棚(約20万円)
② パソコン関係:電話、FAX、パソコン、パソコン周辺機器、ソフトウェア約40万円)

ホームページ・パンフレット

近年の情報化社会では、開業したら、当然HPなども必要です。

HPの作成費用は業者によりピンキリですが、加えてドメイン取得費、サーバー費、案内状、PRなどの広告宣伝費、記念品にかかる費用も発生してくることを加味した方がよいでしょう。

必要な開業資金は?

必要な資金は開業時に必要なものだけではありません。運営の為の運転資金も重要です。

「運転資金」の主な内訳は、まとまった売上がたつまでに必要なお金です。

また、人を雇った場合には人件費、これらに加え、事務所が賃貸の場合には毎月の家賃があります。これらの人件費や家賃は売り上げに左右されずに毎月発生する固定費になります。平均的に3ヶ月分〜6ヶ月分必要だと一般的には言われています。

意外と忘れがちなのが、自分の生活費と、開業する時の借入金の返済および利子の支払いです。開業して、すぐに売上が満足に上がらないケースも想定して、しっかりと計算に入れて考える必要があります。

運転資金も忘れず確保しましょう!

開業当初は、顧客はほとんどいないことが少なくないため、毎月の運転資金も必要になります。最初は人を雇う必要はないので、人件費はかかりませんが、それ以外の経費は毎月、コンスタントにかかります。

6ヶ月程度で収支トントンにできれば御の字ですが、その場合でも耐えしのげる運転資金は用意しておく必要があります。ちなみに日本政策金融公庫から創業融資を借りる場合、運転資金は3ヶ月程度しか見てもらえないのが普通です。

<事務所を維持するための費用項目>

 

・家賃(事務所を借りる場合)
・会費
・リース料
・水道光熱費
・旅費交通費
・通信費
・消耗品費

まとめ

いかがでしたでしょうか?

士業は、飲食店や企業などにくらべて、開業資金は比較的低めですが、安く済ませ過ぎると士業としてのブランド力も損なってしまいます。出来る限りコストはかけず、かけるべき所にはかける、そういったメリハリのある設備投資を心がけると良いでしょう。

いずれの場合でも、初期費用だけでなく、売上が出るまでの期間を補うための運転資金、生活費も含めて資金を考慮することが重要です。開業の際には、計画的な資金調達プランを立てるようにしましょう。