ROA(総資産利益率)とは何か?意味や計算方法・ROAを高める方法まとめ

経営者のみなさんは、ROA(総資産利益率)をご存知ですか?

ROA(総資産利益率、Return On Asset)は企業の収益性を測るための便利な指標です。

ROC(自己資本利益率)やROIC(投下資本利益率)と比較されることの多いROAですが、どう使い分けて良いかわからない方も多いと思いますので、それぞれの違いについてまとめます。

また、ROAの計算式についても複数の意見や方法があるため、具体的な計算方法について解説します。

ROA(総資産利益率)とは何か?意味や計算方法・ROAを高める方法について解説します。

ROAとは?

ROAとは、「Return On Assets」を略したものであり、日本語では「総資産利益率」と呼ばれます。

ROA(総資産利益率)は、会社全体の経営効率を測る指標であり、「会社の総資産を利用し、どれだけの利益を上げられたか」を示す財務分析の概念の一つです。

総資産の額は総資本の額と等しいので、総資本利益率と実質的には同じものである。 総資産利益率は、当期純損益を総資産で割った数値である。経営資源である総資産を如何に効率的に活用して利益に結びつけているかを示している。総資産利益率は、「売上高利益率×総資本回転率」という形でも表されます。

ROAの数値が高いほど、資本に対し効率的に利益を生み出せている会社であると言えます。一般的に、ROAが5%が超えていると優良企業であると判断されます。ただし、業種によって基準が変わってくるため、ROAを分析する際は同業種の水準と比較することが重要です。

ROAが低い水準の会社は分析することにより、自社の弱い点を探し出し対策を、高い水準にある会社も「自社の強み」を知ることにより、その強みを維持し、さらにより強固にすべく対策を打つことが出来るでしょう。

ROAの計算式

ROAの計算式は、以下になります。
当期純利益を総資産で割ることにより、ROAの数値がわかります。

ROA = 当期純利益 ÷ 総資産

総資産とは、企業が持っている、借金などを含んだすべての資産のことで、貸借対照表の一番下の数字になります。また、総資産とは、自己資本だけでなく他人資本を含めたすべての資産のことを指しています。

ROAを高めるには?

上記の計算式から、ROAを上げるためには「経常利益」を増やす、もしくは「総資産」を減らすことが必要であることを読み取ることが出来るでしょう。

ROAを高めるためには以下、2つの方法があります。

売上高利益率を上げる(収益性を高める)
資産回転率を上げる(総資産を減らして効率性を高める)

上記より、ROAが高い会社は、収益性か効率性が高い会社であると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最低限の元手(総資本)で、最大の利益(経常利益)を出せる「やりくり上手」な会社であるかどうかを表す指標がROA(総資産利益率)です。しかし、ROAというひとつの指標だけで判断するのではなく、改善するための経常利益などその他の指標を含めて、総合的に判断し、経営判断に役立ててください。