元方事業者とは何か?労働安全衛生法における元方事業者の実施すべき措置まとめ

労働者の安全については、事業者が責任をもって管理しなければいけません。

しかし1つの事業を2社以上で仕事を請け負った場合には、管理体制が異なることもあります。労働安全衛生法においては、1つの場所で行う事業の仕事の一部を請負人に請け負わせている者を元方事業者とし、請負関係が数段階ある場合には、その最も先次の注文者を元方事業者としてその事業の安全について管理させるようにしています。

労働安全衛生法では「元方事業者の講ずべき措置等」として、関係法令遵守の指導と違反是正の指示、危険防止措置や技術指導が規定されています。

今回は、元方事業者とは何か?労働安全衛生法における元方事業者の講ずべき措置について解説します。

元方事業者とは?

1つの場所で行う事業の仕事の一部を請負人に請け負わせている者のこと。数段階の請負関係がある場合には、その最も先次の注文者のこと。元方事業者に該当する条件は、注文者とその請負人の仕事が同一の場所で行われており、注文者自身もその仕事の一部を行っている場合に該当します。

安衛法には「元方事業者の講ずべき措置等」として、関係法令遵守の指導と違反是正の指示、危険防止措置や技術指導が規定されていおり(第29条)、建設業・造船業の特定元方事業者には、さらに統括安全衛生管理の義務があります。

以下が元方事業者の講ずべき措置等です。

1.関係法令遵守の指導
2.違反是正の指示
3.前項の指示を受けた関係請負人又はその労働者は、当該指示に従わなければならない。
4.その他、元方事業者の講ずべき措置

関係法令遵守の指導 

元方事業者は、請負人や関係請負人の労働者が、当該仕事に関し、労働安全衛生法又はこれに基づく命令の規定に違反しないよう指導をしなければいけません。

違反是正の指示

元方事業者は、関係請負人又は関係請負人の労働者が、当該仕事に関し、労働安全衛生法又はこれに基づく命令の規定に違反していると認められるときは、是正のため必要な指示を行わなければならない。

関係請負人

請負人は、労働安全衛生法に違反していた場合に、元請人から是正するための指示を受けた場合、関係
請負人又はその労働者は、指示に従わなければなりません。

その他、元方事業者の講ずべき措置

建設業に属する事業の元方事業者は、講ずべき措置として、労働安全衛生法第28条の2において、土砂等が崩壊するおそれのある場所、機械等が転倒するおそれのある場所などにおいて請負人の労働者が作業を行うときは、危険を防止するための指導や防止措置をすることが規定され、さらに元方事業者のうち、建設業または造船業を行う事業者は「特定元方事業者」とされ、労働安全衛生法第30条において、特定元方事業者の講ずべき措置が規定されています。また、製造業などの元方事業者は労働安全衛生法第30条の2において講ずべき措置が規定されています。

まとめ

元方事業者は1つの場所で行う事業の仕事の一部を請負人に請け負わせている者のことをいいます。

元方事業者に該当する条件は、注文者とその請負人の仕事が同一の場所で行われており、注文者自身もその仕事の一部を行っている場合です。

労働安全衛生法には「元方事業者の講ずべき措置等」として、関係法令遵守の指導と違反是正の指示、危険防止措置や技術指導などが規定されています。なお、建設業・造船業の特定元方事業者には、さらに統括安全衛生管理の義務があり、製造業などの元方事業者についても、労働安全衛生法第30条の2において講ずべき措置が規定されています。