士業とは何か?8・10士業・サムライ業の違いや士業の種類・業務内容まとめ

みなさんは、士業という職業についてご存知だと思いますが、その種類や業務内容についてどの程度理解していますか?

事業を行う方や経営者の方、顧問契約や業務を委任しているという方は、その専門性や業務領域についてなんとなく分かっている方も多いかもしれません。また、今後資格取得を目指している方は、資格取得についてや今後のキャリアをふまえて、色々と情報収集している最中かもしれません。

しかし、身近に業務を依頼した経験がなければ、士業がどういった立場で、どのような業務を行っているかは、以外とわからないものかと思います。

○○士という名称の専門資格職業の俗称で、弁護士、行政書士、中小企業診断士、公認会計士、税理士といった士がつく職業を一般的に士業といいます。士業は、全般的に専門性の高い職業が多く、士は武士の士に通じるので、サムライ業と呼ばれることもあります。

最近では、ファイナンシャルプランニング技能士や宅地建物取引士も士業に含むことがあります。

今回は、士業とは何か?8士業や10士業・サムライ業の違いや士業の種類について解説します。

多くは国家資格、最近は民間資格も

士業は、専門性が高い職業が多く、有名な資格は国家資格であることがほとんどです。

士業は、法律で規定されており(弁護士ならば弁護士法)、名称が独占されていること(名称独占資格)に加え、専門的行う業務について業務の独占(業務独占資格)が与えられています。

また最近では、資格取得ブームに便乗して資格の名称の最後に士をつけている民間資格も多くあります。

例えば、相続士や金融診断士、労務管理士、法務士、といった資格がありますが、これらは民間の資格で、合格率が高く会員制登録制といった制度を取っているものが多くあります。合格した後に会員になった場合は、会員になったあとも会費がかかります。なので、こういった資格は、資格団体のビジネスのためにある資格でもあります。

士業は、8士業や10士業・サムライ業などと分類される事がありますが、その違いについて解説します。

8士業ってどんな士業?

士業の中でも、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、弁理士、税理士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士の8つの士業を8士業と呼びます。

<8士業の分類>

 

弁護士

弁理士

司法書士

行政書士

税理士

社会保険労務士

土地家屋調査士

海事代理士

以下、それぞれの士業の業務内容について解説します。

業務内容

弁護士 訴訟手続きなどさまざまな法律に関するトラブルを解決。身近な仕事では、債務整理、離婚裁判、相続の処理など。
司法書士 不動産取得や会社設立の際の登記手続き代理や少額訴訟などを行う。簡易裁判所における140万円以下の訴訟代理も行うようになりました。
行政書士 役所に提出する許認可申請の書類作成や代行、契約書の作成代理を行う。業務範囲が広いのが特徴。
社会保険労務士 社会保険に関する書類作成や申請代行、労務管理に関する実務とコンサルティング。社会保険・労災の申請、助成金の申請など。
税理士 税務代理、税務書類の作成、相談などを行う。例として、確定申告や税務調査の立会い、財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行など。
公認会計士 会計に関する監査業務、調査、立案、指導を行う。例として、企業財務の監査、M&A、株式公開、経営コンサルティングなど。
弁理士 国内外における所有権や特許の取得などを行う。例として、特許権、実用新案権、意匠権、商標権の出願や登録、変更の手続きなど。

*海事代理士は割愛しています。

8士業といっても特に選ばれた士業というわけではなく、公認会計士のように難易度が高い士業でも8士業には入ってません。

これら8つの士業に共通するのは、戸籍謄本・住民票の写し等を職務上請求書を用いて請求できるかどうかがひとつの判断基準となり、第三者の戸籍謄本・住民票の写しを委任状がなくても請求できる士業が8士業と言われます。

しかし、使用にあたっては、業務以外のことでの職務上請求は不正使用にあたるといわれています。使用にあたっては、高い職業倫理に基づいた取り扱いが求められており、不正使用は所属する団体から処分の対象となるので注意が必要です。例え顧問先であっても、業務に関係ない案件であれば、不正使用に該当します。

10士業ってどんな士業?

弁護士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士、税理士、弁理士、社会保険労務士、の他公認会計士、中小企業診断士、不動産鑑定士を10士業というそうです。10士業の士業についても、専門性と資格の難易度が高いものが多いです。

8士業のうちの海事代理士は10士業に入ってませんが、公認会計士、中小企業診断士、不動産鑑定士が加わっています。10士業は、士業合同相談会等で見かけるものが多く、中小企業や個人と密接な業務が対象となっている士業が選ばれています。

海事代理士は、業務が海に関することと限定的なので、相談者も限られるからだと思います。

1級建築士のような高度な専門士業でも、8士業、10士業にも入ってません。8士業、10士業の中にも建築士1級よりも簡単な試験があることを考えると、難易度とはあまり関係なさそうです。ただ、8士業、10士業に入ってる士業に合格するには、結構な勉強量が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

士業には、国家資格や、民間資格などさまざまな種類があります。独立開業している士業としては国家資格保有者が圧倒的に多くなります。それぞれの士業が何ができるのか?しっかりと確認しましょう。