【保存版】キャッシュレス決済とは何か?仕組み・種類・メリット比較まとめ

キャッシュレス決済と聞くと、みなさんは、どのような決済方法を想像しますか?

例えば、Suica(スイカ)、 Apple Pay(アップルペイ)によるスマートフォン決済など、さまざまな決済方法を思いつくのではないでしょうか。キャッシュレス決済は現金を持たなくていいので、会計のスピードが早くなったり、ポイント還元があるなどのメリットがあります。

日本政府が策定した「支払い改革宣言」キャッシュレス・ビジョンでは、現在約20%である日本国内のキャッシュレス比率を、2025年までに40%に、将来的には世界最高水準の80%にまで引き上げることを目標としており、キャッシュレス決済に対応することは、ユーザーとしても事業者としても必須であるといえます。

今回は、キャッシュレス決済とは?仕組み・種類・比較など解説します。

キャッシュレス決済の種類は3つ分類

キャッシュレス決済は、以下、大きく3つに分類されます。

① カード決済 (クレジット/デビット/プリペイド)

 

② 電子マネー (ICカード/スマホ)

 

③ QRコード決済

また、「国内キャッシュレス決済カオスマップ(2019年1月版)」が公開され、各種主要サービスがまとめられています。

出典:クラウドキャスト代表取締役の星川高志氏

以下、それぞれについて詳しく解説します。

カード (クレジット/デビット/プリペイド)

カード系は、クレジット/デビット/プリペイドとなり、国際ブランド及び、国内クレジット会社が対象となり、支払い方法としては、ポストペイ(後払い)もしくは、即時払い(リアルタイムペイ)で行われる。

電子マネー (ICカード/スマホ)

電子マネー系は、前払い、いわゆるプリペイド方式のこと。あらかじめ一定の金額を記録媒体にチャージしておき、その金額内で使用します。Suicaやnanacoのような電子マネーが代表格です。

プリペイドカードは、「iTunesギフトカード」や「Google Playカード」、プリペイド式の電子マネーといえば、「Suica(スイカ)」「WAON(ワオン)」「Edy(エディ)」などが挙げられます。また、「iD(アイディ)」、「QUICPAY(クイックペイ)」などの後払いのポストペイ型電子マネーがあります。

QRコード決済 (スマホ)

QRコード決済は、主に店舗が提示するQRコードをお客様に読み取ってもらう方法と、お客様のスマホアプリに表示されたQRコードを店舗が読み取る方法の2通りの方法があります。

お客様はQRコード決済アプリに、あらかじめクレジットカードや銀行口座を登録しているため、現金がなくても買い物が可能になります。

政府のキャッシュレス・ビジョンにとは?

キャッシュレスへの流れは、政府も推進しています。

経済産業省では、「キャッシュレス・ビジョン」というキャッシュレスに関する方針を策定しています。キャッシュレス・ビジョンでは、2025年にはキャッシュレス決済の割合を40%程度まで高めることを目標としています。

参考:キャッシュレス・ビジョン(経済産業省)

もともとは、「未来投資戦略2017」において2027年までに目指すとされていた目標が、大阪・関西万博に向けて2年前倒しになった形となっています。

日本では、2025年までの間に国際的なイベントが数多く予定されており、2019年には、アジア初開催となるラグビーワールドカップ、2020年には東京大会、そして2025年には大阪・関西万博が開催される予定です。

このようなイベントの開催期間中には、海外からの観光客も多く来日するため、キャッシュレス決済の推進は課題のひとつとなっています。

また、政府は2020年までに訪日外国人旅行者数を4,000万人に、そして2030年には6,000万人にすることを目標としており、今後も増えていくであろうインバウンド対策としても、非常に有望です。

また、国全体で見れば通貨の流通量が少なくて済み、製造・運搬コストの抑制や金融機関での管理コスト削減に役立つと考えられます。

まとめ

キャッシュレス決済が利用できる店舗はまだ限られています。

しかし、2019年10月に消費税が10%に引き上げになることに合わせて、キャッシュレス決済を利用した際に2%のポイント還元を行う政策を政府が検討しています。

そのほか、政府のキャッシュレス・ビジョンなどによりキャッシュレス決済は加速していくことが予想されます。今後も新しい決済サービスが登場するでしょうし、キャッシュレス決済がより身近なものになっていくでしょう。

この機会に、ユーザーとしても事業主としてもキャッシュレス決済の利用を始めてみてはいかがでしょうか。