【記入例あり】青色申告決算書の損益計算書はどうやって書くの?記入方法まとめ

青色申告をするためには、貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記によることが原則です。

青色申告を行う場合、4枚組となっている青色申告決算書の提出が必要となります。

青色申告決算書については以下記事を参考ください。

青色申告で必要な青色申告決算書とは何か?書き方や対象者、提出期限などまとめ

今回は、その中の、損益計算書の作成方法を説明していきます。

損益計算書の作成

損益計算書は、売上金額と仕入金額などの売上原価を記入する(1)欄と、経費を記入する(2)欄と、各種引当金・準備金等を記入する(3)欄と、青色申告特別控除額や所得金額を記入する(4)欄で構成されています。

月別売上(収入)金額及び仕入金額などの記入

ここでは、売上金額と商品を仕入れたり、製造したりするときにかかる売上原価を記載します。

①売上(収入)金額(雑収入を含む)

決算書2ページの「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の「売上(収入)金額」(1)-1に記載し、その合計の金額を記入してください。

②期首商品(製品)棚卸高、⑤期末商品(製品)棚卸高

期首と期末の棚卸表から、それぞれの商品(製品)の棚卸高を記入してください。なお、原価計算を行っている場合は、製造業の原材料、半製品、仕掛品などの棚卸高は決算書4ページの「製造原価の計算」(1)-3の表の該当欄にも記入してください。

③仕入金額(製品製造原価)

決算書2ページの「月別売上(収入)金額及び仕入金額」の「仕入金額」(1)-2に記載し、その合計の金額を記入します。なお、原価計算を行っている場合は、原材料の仕入高は、決算書4ページの「製造原価の計算」(1)-3に記載し、その表の㉖金額を記入してください。

経費

この経費の欄には、事業を行うためにかかった費用を記載します。

これに記載するためには、予め経費帳を作成し、経費帳の各科目の口座から、決算整理後の金額を記入してください。

⑧租税公課

消費税の課税事業者が、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の納付税額があるときは、その納付税額(納付税額を本年分の未払金に計上したときは、その未払金に計上した金額)を含めて、この欄に記入してください。

⑱減価償却費

決算書3ページの「減価償却費の計算」(2)-1を作成し、その中の「㋷本年分の必要経費算入額」の合計の金額を 記入してください。なお、製造業で原価計算を行っている場合の工場や機械などの減価償却費は、この欄 には含めないで決算書4ページの「製造原価の計算」(1)-3の表の該当欄に記入してください。

⑳給料賃金

2ページの(3)「給料賃金の内訳」(2)-2を作成し、支給額の合計を記入してください。

㉒利子割引料

事業に関わる借入をしたときに発生した利子などがあれば記入してください。なお、この中で、金融機関を除いたもの、例えば、個人から借りたもの等があれば、3ページの利子割引料の内訳(金融機関を除く)(2)-3に記入してください。

㉓地代家賃

駐車場や事務所などを借りている場合に家賃等の合計額を記入してください。なお、3ページの地代家賃の内訳(2)-4にも記載してください。

㉕~㉚には、⑧~㉔以外に必要な科目がある場合、その科目名と金額を記入してください。

例えば、税理士の報酬がある場合、㉕の欄に科目名を「税理士報酬」とし報酬額を記入してください。この場合、3ページの税理士・弁護士等の報酬・料金の内訳(2)-5にも記載してください。

各種引当金・準備金等

㉞貸倒引当金

前年の貸倒引当金を記入してください。

㊳専従者給与

2ページの専従者給与の内訳(3)-2に記載し、その支給額の合計額を記入してください

㊴貸倒引当金

2ページの貸倒引当金繰入額の計算(3)-1を作成し、この⑤本年分の貸倒引当金繰入額を記入して下さい。

所得金額・青色申告特別控除額

㊸本年申告特別控除前の所得金額

所得金額は損益計算書の㉝+㊲-㊷の額を記入してください。

㉝は売上の差引金額⑦から経費の合計㉜を引いたものです。

㊲は繰戻額等、㊳は繰入額等です。

㊹青色申告特別控除額

青色特別控除額は65万円を記入しますが、㊸の所得金額が65万円未満の時には所得金額を記入し、マイナスの場合には0を記入します。なお、2ページの青色申告特別控除額の計算にも記載してください。

まとめ

損益計算書を作成するためには、予め「現金出納帳」、「売掛帳」、「買掛帳」、「経費帳」、「固定資産台帳」等の帳簿や書類を整備しておく必要があります。それらの帳簿や書類に基づいて、損益計算書を作成することになります。

上記、説明した内容に沿って作成すれば、損益計算書の作成はそれほど面倒ではないと思います。なお、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で、損益計算書を含む申告書や青色申告決算書などを作成すること ができます。

是非ご活用してください。