【今さら聞けない】代表取締役・社長・取締役・役員・執行役員の違いとは?

あなたは、経営者、役員、取締役、執行役員の正確な意味と違いを知っていますか?

代表取締役、取締役や経営者といった会社の肩書・役職についての用語は、日常的にビジネスシーンでよく見聞きする言葉ですが、意外と意味を正確に知らないという人も多いのではではないでしょうか。

例えば、「経営者」と「社長」とはどう違うのでしょうか?また、同じく経営に携わっている「役員」や「取締役」と意味の違いはあるのでしょうか。「社員」は給料をもらって働く従業員、「役員」は会社の組織の上にいる人達、というイメージがあると思いますが、正確にはこの差を答えられないかもしれません。今回は、経営者、取締役、役員、執行役員は、どう違うのかについてご紹介します。

「代表取締役」と「社長」の違い

平たく言うと、代表取締役とは、法律上において、会社の代表者のこと。社長とは、職責上において、実務のトップにいる人の地位のこと。法律上の書類では、「社長」という肩書は何の意味もありません。実際に会社内で職責上会社を指揮するトップにいる人が、「社長」と呼ばれます。

代表取締役とは文字通り会社を代表する方であり、法律上でも会社の最高責任者であることを表しています。そのため「代表取締役社長」と「会長」であれば前者が会社のトップであり、「社長」と「代表取締役会長」であれば後者が会社のトップと言うことになります。

ただし、「代表取締役」は必ずしも1人でなければならないといった決まりがなく「代表取締役社長」と「代表取締役会長」が存在する場合、会社法上はどちらも実質的な会社のトップであるため、どちらが立場上偉いかは会社によって異なります。また会社によっては、「代表取締役社長」が2名以上いる場合もあり、その場合も会社法上はどちらも会社のトップであることになります。

役員とは?

日本の会社法で定義されている「役員」とは、「取締役・会計参与・監査役」のことを指します。企業の経営方針を立て、組織を作り、業務を監視し、会社全体の経営方針を決める役割を持ちます。

それぞれの「取締役・会計参与・監査役」の役割は、主に以下のようになります。

「取締役」
・会社の方針を決定し、会社を運営します。取締役の互選により、法律上の代表権を持つ「代表取締役」が決定されます。
・取締役の任期は原則2年で、株主総会での決議により最大10年までとなります。

 

「会計参与」
・取締役と共同で会社の計算書を作成します。会計参与になれるのは、税理士、税理士法人、公認会計士、監査法人に限られます。

 

「監査役」
・会社の業務の執行、会計を監査します。

取締役と執行役員の違い

取締役と執行役員の違いは大まかに以下に分類されます。

「取締役」

会社の重要事項や方針を決定する権限を持つ。

「執行役員」

決定した重要事項を実行する役割を担う。重要事項や方針を決定する権限は持たない。執行役員は、法律上の明確な位置づけはなく、単なる敬称であり、従業員。

取締役と執行役員とは、業務を分離しています。具体的には、取締役は会社の重要事項を決定する権限をもつ役員、執行役員はその決定した事項を実行する従業員としての役割を担います。