成果主義とは何か?成果主義のメリット・デメリットや導入方法などまとめ

すでに日本では常識となっている成果主義。

年功序列が主流の日本でも採用が進む成果主義ですが、「年功序列制度」から「成果主義」にシフトする動きが広がりを見せています。この動きは、大企業も例外ではなく、現在進行形で、年功序列制度から成果主義に切り替えることを検討している会社もあるかもしれません。

その理由はなぜなのかを解説し、メリット・デメリットとともに失敗しない導入方法を紹介します。

成果主義とは

成果主義とは、業務遂行の過程と結果に応じて、給与や待遇を決定する人事方針の事を言います。

つまり、成果を出すことができれば給与アップや昇進となり、逆に成果が出せなければ、現状維持もしくは、降格や給与ダウンとなる制度です。また、業務遂行の過程・倫理観や社会性が考慮され、その組織の価値観に沿って努力を行ったかも問われます。

これまで日本は、企業に勤めている年数が長ければ長いほど待遇が良くなっていく、いわゆる年功序列型の人事制度が主流となっていました。しかし、バブル経済の崩壊や、リーマンショックなどの影響により、企業の利益に貢献できる人材を優遇する必要が生じました。その結果、成果主義が人事・賃金制度として導入されるようになりました。

成果主義は、元は、欧米諸国の人事評価制度であり、日本にも導入されるに至っています。

成果主義に基づく評価は、企業理念や戦略との一貫性において納得性が高いが、客観的・定量的な評価の物差しが存在するわけではないため、必ずしも透明性の高い制度ではないとも言えます。

成果主義のメリット

成果主義導入のメリットについて以下、ピックアップします。

労働意欲の向上

成果主義では、企業に勤める者の年齢や勤続年数、あるいは学歴やそれまでの経験は評価の対象とはならず、仕事で成果を上げることが給与アップや昇進のきっかけとなるため、若い世代の労働意欲の向上に寄与する制度であることは間違いありません。

また、能力主義と呼ばれる評価制度もありますが、これは個人の能力を総合的に評価し、昇進や給与体系に反映するという意味合いが強いものです。個人の遂行能力にフォーカスしたもので、成果主義とはタイプが違うものだと考えられます。

不満のない公平な評価

上述のように、これまでの日本の人事評価制度は年功序列がメインであり、成果を出せない人材がいても、勤続年数が長いだけで昇進する可能性があります。これでは、成果を出している有能な若手にとっては不満の原因となります。

これまでの、年功序列としている企業から優秀なスタッフが流出し、成果主義を採用する企業に人材が流れていくというケースが少なくありません。このため、優秀な人材を確保するため、年功序列のシステムから脱却し、成果主義へとシフトする企業が増えています。

人件費のムダを削減

多くの企業が、成果主義に切り替えた大きな理由として、人件費の削減があります。

年功序列型では、勤続年数が長くなれば、昇給させねばならないため、業績の出せない人材に対しても相応の賃金を払う必要がありました。しかし、成果主義では、実際に成果を上げている人材には昇給を、逆に成果を出せない人材には減給をという対応が可能で、人件費の適正な配分が実現できます。

成果主義のデメリット

逆に、成果主義のデメリットについて考えてみましょう。

評価基準の設定が難しい

成果主義は、企業の利益に貢献している人材に対して、仕事で成果を上げることが給与アップや昇進のきっかけとなります。しかし、なかには客観的な評価基準の設定が難しいケースもあります。

例えば、営業部門などは成果が数字として明確に出てくるため、評価はしやすいですが、事務などの間接部門では、成果を定量的に把握することが難しく、評価基準の設定が難しい状況となります。また、社内のプロジェクトチームなどは、成果が出るかどうかわからない事業などは、早い段階で評価するのは難しいと言えます。

中長期的な目標がたてにくい

成果主義ではどうしても目先の成果が優先され、目立ってしまう傾向があります。

ビジネスは、大局で戦略だてて計画する事も重要です。短期間で確実に成果を出せる取り組みばかりとなっては、中・長期に渡る分野に注力する人材が減る可能性があります。

チームプレーが図りにくい

成果が直結する成果主義では、個人がチームや部署全体の実績よりも、個人の成果を強調してしまうことがあります。それによってチームや組織全体のパフォーマンスが低下する可能性があります。

例えば、同じ部署内で顧客を奪い合う、人材育成がおろそかになるなど、お互いが足の引っ張り合いをしてしまうと、結局はチームや組織全体にマイナスの影響を与えてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

企業の人事評価制度である、主に成果主義のメリットとデメリットについて解説しました。

日本でも多くの企業が成果主義を取り入れていますが、上手くいっている企業もあれば、なかなか定着しない企業もあります。重要なのは成果主義を導入することではなく、既存の評価システムと上手くバランスをとることです。

極端すぎる成果主義はデメリットをもたらしますが、適切に導入していけば企業に大きな利益をもたらします。自社の状況を客観的に把握し、自社独自の方法を模索しながらじっくりと取り組んでいく必要があります。