労務費とは何? 労務費と人件費との違いや労務比率・関連用語などまとめ

企業で働いていると労務費という言葉を耳にする機会がありますが、労務費とは一体何のことで人件費とはどういった相違があるのでしょうか?

労務費とは製品を生産するために使った人件費です。建設現場や製造業での賃金と考えるとイメージしやすいと思います。例えば工事の見積書の内訳にも、材料費や経費と別に「労務費」という項目が設けられていることがあります。

今回は、労務費とは何? 人件費との違いや労務比率・関連用語など解説します。

労務費とは?

一般的な企業で働いていると労務費という言葉を耳にしたことがある人は多いと思われますが、労務費とは一体どういった費用のことになっているのか詳しく理解し説明できる人は少ないと言われております。

一般的に労務費とは、企業が製品を製造をするときにかかってくる総原価のうち製造原価における労働力の消費によって発生する原価のことを指します。また、直接労務費と間接労務費の2種類に分類されている経費のことです。

なので労務費とは、奇異業が製品を製造をするときにかかってくる労働力の原価のことを指しており、人件費と内容が似通っているため労務費と人件費は混同しがちですが、労務費と人件費は異なっているので注意が必要です。

労務費と人件費の違いは?

原価管理の考え方では、人件費の一部が労務費と考えることが適切です。

人件費は目的によって複数の項目に分けられます。製造や生産のために使用されれば「労務費」となり、販売のために使われる営業担当者の人件費は「販売費」、経理や総務などに従事する人の人件費は「一般管理費」です。

どういったことかと言いますと人件費の一部に労務費があり、そして人件費は労務費のほかにも販売費や一般管理費が含まれておりそれら3つを併せて人件費としています。

間接労務費と直接労務費への区分とは?

なお、原価管理を行う際、労務費自体は「間接労務費」と「直接労務費」に分けて考えます。

原価管理において、労務費に含まれるものは、以下となります。

・賃金
・パートタイマーやアルバイトに対する給与などの雑給
・賞与、通勤手当、家族手当など
・退職給付費用(退職金積立)
・法定福利費(会社負担分の社会保険料)

このうち、製品を作るためにかかった労務費を直接労務費、どのくらい掛かったか区分することが難しい労務費を間接労務費に分け、原価を適切に計算していきます。上記の項目を直接労務費と間接労務費に分けた場合、次のように区分されます。

直接労務費

直接労務費とは主に直接製品の製造に関わってくる人の賃金のことを指し、直接労務費とはその人たちの人件費のことになっています。

直接製造に関わってくる人の賃金とはというのは、一つの製品を製造する時にその商品を製造した人が特定できるケース、常にその製品を製造している人が直接労務費に分類される直接製造に関わってくる人の賃金です。

製品の製造に直接関わってこない人の賃金は直接労務費には含まれず、間接労務費に含まれてくるので製品の運搬などに従事している人の賃金は直接労務費に含まれないので注意が必要です。

間接労務費

間接労務費とは、基本的には直接労務費以外の労務費がすべて間接労務費を指しています。

直接製造に関わってくる人以外の従業員の賃金もそうなのですが、あと停電や工具の手配不良などで作業ができない状態にある遊休時間に対して支払われる賃金である手待賃金や休業賃金、賞与や通勤手当そして住宅手当などの各種手当や退職給与引当金繰入額と健康保険料、厚生年金、労働保険の会社負担分の福利費などもこれに含まれてきます。

間接労務費は従業員の賃金以外にも手当や福利費も含まれており、退職給与引当金繰入額などもこれに当たるため少しややこしくなっているので注意が必要となります。

労務費率とは

製造業などでは併せて労務比率というものが使われます。

労務費率とは、主に建築業などで加入しなければならない労災保険料を算定するときに使用される「請負金額に対する賃金総額の割合」を示すものです。。

一般的では労災保険料は「賃金総額×労災保険率」で計算されるのですが、建築業などは請負によって数次にわたって事業を行っていくため事業に関わってくる正確な人数を把握するのが困難となっているため、元請け人が下請け人の雇用される人へ支払われる賃金総額をしっかり算定することが難しいです。

なので特別に労災保険料を賃金の総額ではなく「請負金額 × 労務費率」で、労務費率は厚生労働省が3年ごとに公表される「労務費率調査」によって、実際の建設の事業における請負金額と賃金総額の割合に基づいて定められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外と知られていない労務費ですが、基本的には人件費の一部に含まれており、人件費は労務費のほかに販売費や一般管理費の3つに分類されています。それぞれどのような違がありどのように分類されるべきなのかを理解しておくことが大切になります。

また、労務費は直接労務費と間接労務費に分けられており、直接労務費は製品の製造に直接関わっている従業員の賃金、それ以外の従業員の賃金や福利費などの労務費が間接労務費という違いを把握することも重要となってきます。