起業家精神(アントレプレナーシップ)とは?起業家精神を持っている人の特徴まとめ

企業がイノベーションを起こすための原動力として、いわゆる「企業家精神」「起業家精神」が重要であるとよくいわれます。

どちらもアントレプレナーシップの日本語訳ですが、実は定義が曖昧で、よくわからないままイメージのみで使っている人も少なくありません。

今回は、起業家精神(アントレプレナーシップ)とは?起業家精神を持っている人の特徴について解説します。

起業家とは?

起業とは、「独立し会社を立ち上げ、事業を運営している」ことをいうのか、それとも「事業を立ち上げて運営している」ならばそれだけで起業といえるのか、インターネット上やメディア、書籍で見る起業家の言葉の定義は非常に曖昧になっています。

起業家とは自ら事業を興す人のことを言いますが、最近では、スタートアップやベンチャー企業を目指し起業する人を指す場合が多く使われています。

別名アントレプレナー(英語: entrepreneur)とも呼ばれ、1970年前後の「第一次ベンチャーブーム」あたりから、より注目される言葉となりました。

スタートアップとベンチャー企業の違いについては以下を参照ください。

ベンチャー企業って何? ベンチャー企業の特徴や中小企業・スタートアップとの違いまとめ

近年では「起業」という言葉の特徴として「ベンチャー」や「スタートアップ」などに使われることが多い傾向にあります。分かりやすく言えば事業の0→1フェイズを作る人が起業家と呼ばれており、不確実性の高いリスクのある事業に挑むことから、リスクテイカーと言われる事もあります。

メディアなどでもてはやされる起業家の多くは、すでに世の中にあるサービスを更に充実させたり、社会の課題を解決するような商品・サービスなどを展開しています。また、これまでにないサービスを考えて起業するなど、新しいことにチャレンジするという意味合いでも、起業という言葉が使われることの多い時代となっています。

逆に、FC(フランチャイズ)などの代理店制度を活用したものや、ある程度市場に認められているビジネスをスタートする場合で新たに起業する場合は、起業家と呼ばれないことが多いかと思います。

起業家についての詳細は、以下を参照ください。

起業家とは?起業家の定義や特徴・連続起業家や社会起業家まとめ

起業家精神とは?

「起業家精神」とは、自ら事業を興そうとする者が持っているべき精神のことです。 英語で「entrepreneurship」(アントレプレナーシップ)と訳します。

起業家精神とは、新たな事業分野を開拓していくために必要な、発想力や想像力、リスクを恐れない勇敢さ、チャレンジしていく姿勢のことをいいます。既存の経営資源にとらわれず、新しくビジネスを成長させるうえでは非常に重要な概念です。

20世紀の経済学者ヨーゼフ・シュンペーター(1883~1950年)は、イノベーションと改善を求める起業家の意欲が、いかに大きな変動と変革をもたらすかに注目し、起業家精神を「創造的破壊」をもたらす力と考えました。

新たにベンチャー企業やスタートアップを立ち上げる場合、最初は初期費用を必要最低限に抑えながら、小規模なアイデアやプロトタイプをもとに事業化し、大きく成長させます。大きな可能性を持つ一方で、投資家や多くの協力者の支援を得る必要があります。

そんな中では、物事に向かっていく精神のみならず、我慢強さ(忍耐力)や責任感、広い視野も起業家精神の重要な要素となります。ただ後先見ずに突っ走るだけでは事業は大きくスケールし成長しません。将来を見据えた考え方、言動、ものづくりができる人こそが真の意味で起業家精神を持った人といえるでしょう。

また、新規事業を始めるためには柔軟な発想力や新しいことに積極的にチャレンジしていく「行動力」が求められます。そして、リスクは承知の上で飛び込んでいく勇気も時には必要です。

その中で、「分析と失敗」を繰り返しながら一歩一歩前進して物事に取り組み、慎重かつアグレッシブに、時には、柔軟な対応をしていかなければなりません。

起業家精神を持っている人の特徴

起業家精神を持っている人の共通点を以下で紹介します。

責任感がある

事業を行っていく上で問題や失敗はつきものです。何か問題があっても、自分でなんとかする姿勢を持っています。どんなに大きな問題であれ、まずは自分で考えて動き出すとことができます。

何か問題があっても、他者のせいにするのではなく自分でなんとかする責任感の強さや一つ一つの判断や行動に責任を持って取り組む姿勢などが起業家精神を持つ人に共通している点です。周りや状況変化に期待しすぎることなく、自分の可能性に期待することが重要です。

積極的で好奇心旺盛

人が見逃してしまいそうなところにビジネスチャンスを発見することが必要であり、その根には好奇心があります。

起業家は広い視点で、世の中の人が何を求めているのか、時代はどの方角に流れていくのかを日々の観察から導き出さなければなりません。また、周りや状況の変化を積極的に取り入れることができ、自信を持って新しいことを取り込むことは非常に重要です。

また何事にも興味を持つことで様々なことを学び、自分だけではなく、会社全体の成長にも繋がります。

自己管理能力が高い

起業家精神を持つ人は、自分の可能性を最大限に発揮するために、常に最高のコンディションを保つことが重要です。

自分のビジネスを進めていくにはかなりの仕事量が伴います。そんな中、経営者の身体は大切な資本と言えます。

体調管理やモチベーションコントロールなどコンディションを整えておくことで作業への集中力が高まり、作業効率が上がります。起業したばかりのころは、24時間365日働きづめになることも少なくありません。日頃から自己管理を心がけることが必要です。

目標達成への意欲

目標を達成するための意欲をもち続けることは、起業家にとっては重要な資質のひとつです。最近では、「グリット」(やり抜く力)とも呼ばれます。

他者に対する競争心はもちろんですが、自ら立てた目標やミッションの達成に全力を注ぎ、周囲と協力しながら着実にハードルを乗り越えていきます。他者を巻き込みながら、その活動に参加した人すべてに価値を提供しながら目標の達成を目指す姿勢を大事にする傾向があります。

そのマインドがあるからこそ、納得できる状態になるまでとことん努力し続ける姿勢を持つことができます。

コミュニケーション能力

周囲と適切なコミュニケーションをとりつつ目標を達成していく能力は、起業家には必須です。従業員からクライアントまで友好な関係性を築くことができる人柄は、環境や育ち方により身につくと言われています。

起業家精神がある人は、自分に厳しく他人に優しいという共通があり、従業員を教育する上で優しい心遣いのある言葉の一つもかけられないようでは、新規ビジネスを開始してもその業務を手伝ってくれる従業員が雇えないという状況に陥ります。

また、自分とは合わない相手とでも適度な距離感でコミュニケーションがとれ、必要に応じて協力を依頼することもできます。優れた対人能力によってリーダーシップを発揮し、ときに軌道修正をしながらチームとともにミッションの達成に向かいます。

リーダーシップ

将来の明確なビジョンをもち、それを日々の目標やミッションに落とし込むことで進むべき道を明らかにし、リスクを負いながら着実に前進する資質を持ちます。強固なビジョンを商品開発やサービスに結びつけ、さまざまな課題を解決するために新しいソリューションを提供します。

自分の事業を始めることは、大なり小なりリスクがありますが、起業家精神を持つ人はリスクを楽しめるような考えができる人であり、求心力を持つリーダーシップを発揮しています。そして、リスクに物怖じせずにどんどん思いつくアイデアをチャレンジしていくことも欠かせないポイントです。

柔軟性がある

年々テクノロジーや社会のあり方などが変わっていく中で、新しいことを始めるには柔軟な考えが必要です。古い考えや固定概念などを持っていてはできることもできなくなり可能性という芽を摘んでしまうことがあります。

どのような変化も危機ではなくチャンスと捉え、新しい社会的なトレンドに素早く乗れる身軽さを持っています。世の中の変化に対して受け身ではなく、常に柔らかい発想と柔軟な対応を行うことができます。

 

参考:10 Signs You Were Born to Be an Entrepreneur

まとめ

いかがでしたでしょうか?

起業家精神は、起業する際に求められる要素ですが、実際はもう少し広義に使われており、新しくビジネスを立ち上げようと考えている人のみならず、企業内で新しい何か新しい価値を提供しようとする人にとっても重要視されています。今後は、企業だけでなくビジネス全体において個人の力が重要視されるようになるでしょう。

上からの指示待ち社員が集まる企業よりも、社員全員が「自分が世界を変える」と信じている企業が成長するのは当然でしょう。企業が今後生き残るためにも、社員一人一人が起業家精神を持つべきです。