PDCAサイクルとは?意味やPDCAサイクルを効率的に回すポイントまとめ

みなさんは、「PDCA」しっかり回せていますか?

「PDCA」は、「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」の4つの英単語の頭文字で、「PDCAサイクル」とも呼ばれます。

PDCAの歴史は古く、1950年代にアメリカの経営手法として日本に紹介された後、生産や製造・品質管理などの現場で実践されてきました。品質管理の国際基準であるISO 9001やISO 14001などにも、PDCAサイクルの考え方が採用されています。

今回は、PDCAサイクルとは?意味やPDCAサイクルを効率的に回すポイントについて解説します。

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返すことによって、生産管理や品質管理などの管理業務を継続的に改善していく手法のことです。日本では1990年代後半からよく使われるようになった方法で、計画から改善までを1つのサイクルとして行います。

計画は単に実行しただけでは、改善されることはありません。また、一度ミスをしてしまったのに、「なぜミスをしたのか」をうやむやにしたままでは、いつか同じミスをしてしまうでしょう。

このPDCAで重要なのは実行した後、成功や失敗いずれの場合でも必ず評価を行い、改善につなげていくことです。そうすることによって「もっと大きな成功」を呼ぶ可能性が高まりますし、「失敗を繰り返さない方法」を身に着けることができます。

また、PDCAは「PDCAサイクル」と呼ばれるように、繰り返し行うことによってさらに効果を高めることができます。改善された物事を繰り返しPDCAで検証することによって、さらに完成度の高い計画を練ることができます。

PDCAサイクルのフェーズ

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)について以下、解説します。

Plan:計画する

業務計画や達成したい目標を立てて計画を作成します。

目標を達成するまでの期限が決まっているのであれば、それまでにやらなければならないタスクや必要な行動量などを整理し、スケジュールに落とし込んでいきます。例えば営業マンのように顧客を訪問する場合は、当月訪問すべき顧客リストなどを整理して優先順位を決めて計画をたてます。

Do:実行する

計画に沿って業務を実行します。

計画や目標達成のために実行できることを、時間や数値などで具体的にToDoリストなどに落とし込み、順に実行していきます。

ここで重要なのは、計画通りにいかなかったことや、課題も記録し、あとで評価・分析(Check)できるように活動内容を残しましょう。問題を解決するための方法を見つけたら、少しずつ試してみましょう。

Check:評価する

計画に沿って実行出来ていたのかを評価する段階です。

実行が計画に沿って行われたかどうか、目標を達成できているかどうかを評価します。また結果を見て、良かった点と悪かった点を客観的に数値などで分析し、どうしてそうなったかという要因を振り返ります。

また結果を見て、良かった点と悪かった点を客観的に数値などで分析し、どうしてそうなったかという要因を振り返ることも重要です。

Action:改善する

実施結果を検討し、業務の改善を行う段階です。

評価を見ながら、良かった点は継続的に行い、悪かった部分はどのように改善するべきかを考えます。この計画を続けるか、修正するか、中止するかも考慮し、改善すべき点を次のPlanに落とし込み、PDCAサイクルへつなげていきます。

PDCAサイクルのポイント

PDCAを行う前に明確にすべきことが「目標」です。

目標が明確にされていないと、評価するときに正しく評価できず、せっかくPDCAを導入しても結果的にあまり意味がないものとなってしまいます。そのため効果を生み出す重要なポイントは、ゴール・目標を達成するためのPDCAになっているかを確認しましょう。

また、PDCAには「スパイラルアップ(螺旋状に向上していく)」という基本概念があり、サイクルを継続的に何度も循環させることや期間を決めて、きちんとサイクルを回していくことが重要です。PDCAは「PDCAサイクル」と呼ばれるように、繰り返し行うことによってさらに効果を高めることができます。

PDCAサイクルでは、目標達成のための計画を立て、具体的な実行に移し、その結果を振り返って客観的に評価し、改善方法を考えるというように、その都度フィードバックを行います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

PDCAは、多くの業務に対して適用され、この仕組みが最適化されればされるほど業務の効率とクオリティが上がっていきます。人や環境によって課題やその要因は多岐に及びますが、PDCAサイクルを回していくことで解決に導けます。

課題解決に悩んでいる企業はぜひ取り入れてみてください。