デザイン経営とは?デザイン経営の意味や実践方法・高度デザイン人材まとめ

みなさんは、デザイン経営という言葉をご存知ですか?

経済産業省・特許庁は2018年5月23日、デザインによる企業の競争力強化に向けた課題の整理と対応策を検討してきた内容をまとめ、「『デザイン経営』宣言」と題する報告書として発表しました。

デザインの現場では、プロダクトやグラフィックはもちろん、ブランディングの面でもデザインの力を取り入れているケースは少なくありません。

近年のデザイン思考のブームもあり、色や形といった狭義のデザインだけでなく、イノベーションに向けた広義のデザインを理解しようとする経営者も増えており、「デザイン経営」は既に多くの企業が実践しています。

今回は、デザイン経営とは?デザイン経営の意味や実践方法・高度デザイン人材について解説します。

デザイン経営とは?

「デザイン経営」とは、デザインを企業価値向上のための重要な経営資源として活用する経営である。

出典:経済産業省・特許庁 産業競争⼒とデザインを考える研究会「デザイン経営」宣⾔

海外企業の多くがデザインに力を入れており、国内企業はいまだ製品の開発ばかりに力を入れているのが現状です。しかし製品主導の時代はもう終わりました。今はユーザーを第一に考えてビジネスを進めないと生き残れません。

そこで大切なのが「デザイン」です。デザインは、企業が⼤切にしている価値、それを実現しようとする意志を 表現する営みである。

それは、個々の製品の外⾒を好感度の⾼いものにするだけではなく、顧客が企業と接点を持つあらゆる体験に、その価値や意志を徹底させ、それが⼀貫したメッセージとして伝わることで、他の企業では代 替できないと顧客が思うブランド価値が⽣まれる。

ユーザーの感情(エモーショナル)の部分に直接働きかけるのはデザインの力であり、製品やサービスのデザインだけでなく、企業としてのブランディングを担っているのもデザインです。

常に届ける対象であるユーザーの視点から価値を作り出すデザイナーを、企業経営の最上流に置き、イノベーションを起こすために、デザイナーの視点が重要になってきています。

「デザイン経営」の概要について、はじめに経産省と特許庁の発言を確認しておきましょう。リリースには「デザイン経営」とは「企業が⼤切にしている価値、それを実現しようとする意志を表現する営み」と記載があります。

デザインはユーザーに使いやすさをもたらすのはもちろん、自社のブランドを体現する存在でもあります。ターゲット層に向けたロゴのデザインや、フォントのそれぞれがブランディングにつながるのです。

デザイン経営とは、デザインを重要な経営資源として活⽤し、ブランド⼒とイノ ベーション⼒を向上させる経営の姿である。アップル、ダイソン、良品 計画、マツダ、メルカリ、AirbnbなどのBtoC企業のみならず、スリーエ ム、IBMのようなBtoB企業も、デザインを企業の経営戦略の中⼼に据えており、「デザイン経営」の実践企業・成功企業です。

「デザイン経営」の実践方法

デザインの重要性を説いたうえで、デザイン経営を実践するうえでの定義については、以下の2点を記載しています。

1. 経営チームにデザイン責任者がいること

2. 事業戦略構築の最上流からデザインが関与すること

出典:経済産業省・特許庁 産業競争⼒とデザインを考える研究会「デザイン経営」宣⾔

ここでのデザイン責任者とは、製品・サービス・事業が顧客起点で考えられているかどうか、又はブランド形成に資するものであるかどうかを判断し、必要な業務プロセスの変更を具体的に構想するスキルを持つものと定義されています。

これら2点は、必要条件となり、の具体的な取り組みについては以下取り組みが具体例として挙げられます。

企業において、複数の取り組みを⼀体的に実施することが望ましいとされており、例えば、デザイン⼿法による顧客の潜在ニーズの発⾒や、 アジャイル型開発プロセスなどにより、企業のイノベーション⼒を向上させることができます。

「高度デザイン人材」とは?

「高度デザイン人材」とは、事業課題を創造的に解決できる人材のこと。

経産省は2019年の4月からデザイン経営のプロフェッショナルといってもいい「高度デザイン人材」の育成に取り掛かりました。また意匠法の改正も視野に入れるなど、日本企業がデザインに重きを置きながら経営を進めるための土台づくりに取り組んでいます。

ビジネス系やテクノロジー系の人材がデザイン思考を学んだり、デザイン系の人材がビジネス系やテクノロジーの基礎を身に付けられるようにしていく。

具体的には、専門領域の異なる人材同士がプロジェクトやワークショップなどを通じて、創造的に課題を解決するための研修を実施していく方向性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ますますデザインに注目が集まっています。ユーザーファーストで経営を進めるために、また数字だけでは語れないビジネスの本質を追求するために、ぜひ自社の事業にデザイン経営のマインドを取り入れてみてください。